47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  茨城 >  16年度県決算見込み 歳入・歳出とも減 3年ぶり

財政改善傾向に 県は7日までに、2016年度県一般会計決算見込みの概要を発表した。震災復興特別交付税の減少などで歳入が前年度比385億円(3・3%)減となり、歳出も中小企業向けの融資貸付金の減少などで同309億円(2・7%)減となった。歳入歳出は3年ぶりに前年度を下回った。将来負担比率は、県債残高の減少などにより221・0%となり、同3・9ポイント減少と7年連続で改善した。 県財政課によると、16年度の歳入総額は1兆1451億円、…     [記事全文]

2017/10/08 00:00 【茨城新聞】 

 最新ニュース