47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  兵庫 >  境内照らす祈りの火 洲本・西来寺で萬燈会

 ろうそく約千本を供え、家内安全や世界平和、鎮魂を祈願する「萬燈会」が7日夜、兵庫県洲本市塩屋2の西来寺であった。無数のともしびが夜の境内を照らす中、集まった檀家ら約80人が静かに手を合わせた。 同寺が2011年から始めた。折り鶴約3千羽が供えられた本堂は照明が落とされ、ろうそくの光の中で法要した後、檀家らは「希望」「いつもありがとう」「皆笑顔」などと願いを記した竹灯籠にろうそく火を分けてもらい、一つずつ境内に供えた。夜風に明かりが揺れる中、洲本市出身の胡弓演奏家、木場大輔さんが幻想的な音…     [記事全文]

2017/10/08 05:30 【神戸新聞】