47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  兵庫 >  1・9億円脱税容疑で会社代表を起訴 神戸地検

 相続税や法人税約1億9千万円を脱税したとして、神戸地検特別刑事部は6日、相続税法違反などの罪で、尼崎市の金属プレス加工会社「協滋鉄工所」の代表取締役、姜太淑(きょうたいしゅく)容疑者(53)=同市=を在宅起訴した。法人としての同社も法人税法違反などの罪で起訴した。 起訴状などによると、姜被告は2015年2月、実母から相続した財産約15億円相当のうち、約2億6900万円分を隠して税務署に申告し、相続税約1億3400万円を脱税するなどしたとされる。

…     [記事全文]

2017/10/07 09:23 【神戸新聞】