47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  再エネのまちづくり考察 東京で地域未来創造サミット

 再生可能エネルギーを活用したまちづくりを探る「地域の未来創造サミット」は13日、東京都内で開かれた。 地域力活性化研究室の主催。自治体の担当者ら約100人が参加した。東京大教養学部の松本真由美客員准教授が太陽光や地熱、洋上風力などの再生可能エネルギーを活用した地域活性化策を紹介。農業と太陽光発電を同時に行う南相馬市のソーラーシェアリング事業、地熱を利用したバイナリー発電に取り組む福島市土湯温泉町などの先進事例を伝えた。 パネル討論もあり、宮城県女川町の須田善明町長、青森県むつ市の宮下宗一…     [記事全文]

2017/11/14 11:40 【福島民報】