47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  全域方針改め一部で検討 富岡の復興拠点計画で町長

 東京電力福島第一原発事故に伴い帰還困難区域に設ける特定復興再生拠点区域の計画について、富岡町は対象エリアを帰還困難区域全域としていた方針を改め、帰還困難区域の一部とする方向で検討する。12日開会した町議会9月定例会の一般質問などで宮本皓一町長が示した。 町はこれまで「帰還困難区域の復興再生への取り組みは全域を対象に一斉に始まることが理想」との考えに基づき、復興庁などに制度内容などを確認してきた。しかし、法制度上、帰還困難区域全域を特定復興再生拠点区域に設定することは困難との回答を復興庁か…     [記事全文]

2017/09/13 11:27 【福島民報】