47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  双葉のアーカイブ施設整備会議 出席わずか17市町村

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や教訓を伝える県のアーカイブ拠点施設(双葉町)の整備に向け、県は11日、基本構想に市町村の意見を反映するための会議を開いた。59市町村のうち出席したのは浜通りを中心とした17市町村で、中通り、会津地方との資料や記録の収集協力などに関する温度差が浮き彫りとなった。 県は昨年12月、全市町村に対し開催の案内文を通知し、返答がない場合は電話で参加を促した。しかし、出席したのは福島、会津若松、郡山、いわき、喜多方、伊達、南相馬、大玉、北塩原、古殿、広野…     [記事全文]

2017/01/12 10:00 【福島民報】