47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  道の駅工事 くわ入れ 霊山で安全祈願祭

 伊達市が市内霊山町下小国字荒屋敷に整備する道の駅の建設工事安全祈願祭は11日、現地で行われた。道の駅は115号国道バイパス「相馬福島道路」の霊山インターチェンジ(仮称)付近に建設される。 市幹部や工事関係者、地権者ら約60人が出席した。仁志田昇司伊達市長、石井宏明国土交通省福島河川国道事務所長らがくわ入れし、出席者が玉串をささげた。仁志田市長、中山武徳中山建築研究所社長、佐藤利雄佐藤建設社長があいさつした。仁志田市長は「市の新たな玄関口として、多くの人でにぎわい、東日本大震災からの復興の…     [記事全文]

2017/01/12 09:58 【福島民報】