47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  住民帰還 事業所再開進む 小高12日で避難指示解除から半年

 東京電力福島第一原発事故に伴う南相馬市の避難指示解除準備、居住制限の両区域が昨年7月に解除されて12日で半年を迎える。全域が避難区域だった小高区はこれまでに住民の約1割が帰還、事業所の2割ほどが小高区内で業務を再開した。4月には小高小・中の再開と小高産業技術高の開校を控える。復興に向けた歩みは力強さを増している。 市によると昨年12月12日現在、小高区の3122世帯、9478人のうち、帰還した住民は505世帯、1034人で、帰還率は約11%に上る。小高区には介護施設や大型商業施設などがな…     [記事全文]

2017/01/11 09:54 【福島民報】