47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  認知症のケア考える 郡山でシンポジウム  

 安積保養園あさかホスピタルは22日、郡山市中央公民館で「認知症と共に生きる」と題した講演会とシンポジウムを開き、来場者約270人が認知症の人の生活とケアの在り方を考えた。福島民友新聞社などの後援。 2部構成で開き、第1部は、スウェーデン生まれで介護付き有料老人ホームなどを運営する舞浜倶楽部(千葉県浦安市)社長を務めるグスタフ・ストランデルさんが「私たちの認知症—自分らしく生きるためのケア・ツリーとは?」をテーマに講演。スウェーデンが時間をかけて高齢化した一方、日本は短期間で高齢化している…     [記事全文]

2016/11/24 09:44 【福島民友新聞】