47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福島 >  サブカルで魅力発信、マジカル福島開幕 鶴ケ城でコスプレ、痛車や声優トーク

 3日に開幕した「マジカル福島」は、アニメやコスプレなどのサブカルチャーを中心としたイベントを通し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興へと歩む本県の力強さや魅力をアピールしている。また、県内外から集ったコスプレイヤーや「痛車(いたしゃ)」のオーナーらの新たな交流も生まれている。   会津若松市のやすらぎの郷会津村では「福島Moe祭2016」が開かれ、アニメや漫画のキャラクターを車体に描いた「痛車」が展示された。 全国から痛車約70台が集まり、参加者は自慢の車を写真に収めたり、…     [記事全文]

2016/11/04 08:44 【福島民友新聞】