47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福岡 >  筑豊高生がジェラート開発 直方市ふるさと納税返礼品に

 筑豊高(直方市)生活デザイン科の生徒が「健康」をテーマに商品開発に取り組んできたジェラート(イタリア発祥の氷菓)4種類が完成し6日、市役所を訪れ壬生隆明市長に報告した。ジェラートは同日から市のふるさと納税の返礼品にもなった。 ジェラートは「かぼちゃとにんじん」「黒ごまきな粉の黒蜜がけ」「小松菜&フルーツヨーグルト」「梅酢味噌(みそ)みるく」の4種類。日本の「和(わ)」を意識し「和(なごみ)ジェラート」と名付けている。 商品開発は、生活デザイン科の課題研究として、2年前にスタート。市内の手…     [記事全文]

2017/10/07 06:00 【西日本新聞】