47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  福井 >  天然醸造の醤油、浜の日常に文化 ガラス作家の長谷川渡さん

 越前海岸の潮風を浴びて天然醸造された岩尾醤油醸造元=福井市糸崎町=の「ヂガミ岩醤油」。寒暖差の小さい気候は、大豆の発酵を遅らせ、熟成にじっくり2年をかけることで深いコクが生まれる。海の幸のうまみを引き立てる優しい甘み。古里の浜の風土が育てた味を、ガラス作家の長谷川渡さん(40)は忘れられなかった。県外から帰郷して工房生活を送りながら「日常にある文化のいとおしさ」を感じている。 子どものころから、醤油といえば「ヂガミ岩醤油」。甘くてまろやかで、刺し身にもカレイの煮付けにも家で必ず使われてい…     [記事全文]

2017/03/21 11:00 【福井新聞】