ホッとニュース

響く

心に響く、感動のニュース

『最後の航海』...小名浜港帰港 いわき海星高練習船「福島丸」

 老朽化により新調されるいわき海星高の練習船「福島丸」は26日、生徒たちを乗せた最後の実習航海を終え、福島県いわき市の小名浜港に帰港した。…[続き]

2017/06/27 【福島民友新聞】

焼津「なまり節」PR曲 移住のミュージシャンが制作

 ゆで上げたカツオを薫製にした焼津特産の「なまり節」を全国に発信しようと、焼津市在住のミュージシャン永田雄一さん(41)=芸名・湯~イチ=がPRソングを制作した。県外から移住して約1年。伝統食材に魅了され、ユニークな楽曲を完成させた。地元生産者が出演するプロモーションビデオ(PV)も手掛け、魚食離れ…[続き]

2017/06/27 【静岡新聞】

京大生、手島で竹林伐採 丸亀、島の活性化へ

 全国各地で農業を通じた交流活動を展開している京大の学生を中心とした島の活性化プロジェクトがこのほど、丸亀市の手島で始まった。学生は竹林伐採などに取り組むとともに、住民との触れ合いを通じて、島の豊かさや人口減少が進む現状に理解を深めた。  学生は、四国や県内の文化を欧州に紹介するNPO「四国夢中人…[続き]

2017/06/27 【四国新聞】

「お花畑」の名残?ど根性バラ咲く

 ◇…宮城県登米市迫町のアパート駐車場で今月上旬、アスファルトの隙間から伸びたバラがピンク色の花を1輪咲かせた。  ◇…かつて、花好きの高齢の女性が1人で暮らした家があった場所。アオイやヒマワリなどが年中咲き誇る美しい庭は、地域の住民らから「お花畑」と呼ばれていた。  ◇…女性は亡くなり、家の跡地に…[続き]

2017/06/26 【河北新報】

梅酒普及に東へ西へ 西宮の自称“ソムリエ”金谷さん

 日本の梅酒を世界に広めようと、兵庫県西宮市の金谷優さん(41)が“梅酒ソムリエ”を名乗り、普及活動に力を入れている。梅酒の魅力にとりつかれ、廃棄物処理会社の研究員を辞めて梅酒専門のコンサルティング会社を設立。全国の酒蔵やメーカー、役所などと手を取り合いながら、新たな商品開発や販売促進を続けている。…[続き]

2017/06/26 【神戸新聞】

悪夢苦しんだ戦後 米映画「ハクソー・リッジ」モデルのドスさん 95年来沖

 日本各地で24日から上映されている映画「ハクソー・リッジ」の主人公として描かれ、沖縄戦で武器を持たずに負傷兵75人を救出した衛生兵デズモンド・ドスさん(2006年死去)が1995年6月に沖縄を訪れた際、琉球新報の取材に応じていた。 …[続き]

2017/06/26 【琉球新報】

知念さん「平和の詩」記念碑に 「みるく世」願い込め

 【うるま】戦後70年の2015年に「児童・生徒の平和メッセージ展」で最優秀賞を受賞し、沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩「みるく世がやゆら」の記念碑がうるま市具志川の具志川アシビナーに建立された。…[続き]

2017/06/26 【琉球新報】

ハンドベルチーム大きく成長 感謝の気持ち込め、5周年記念演奏会 小山

 【小山】国分寺特別支援学校の在校生と卒業生14人で構成するハンドベルチーム「ベル・スマイル」(藪下美穂(やぶしたみほ)代表)の活動5周年記念発表会が25日、桑市民交流センターで開かれ、メンバーたちは美しい鐘の音色を響かせた。会場には恩師や友人など立ち見客を含め約200人が詰め掛け、心を込めた精いっ…[続き]

2017/06/26 【下野新聞】

歯科技工士、入れ歯に名入れ 南牧の老人ホームでボランティア

 佐久歯科技工士会(松本公明会長)は25日、長野県南佐久郡南牧村野辺山の特別養護老人ホームのべやまで、施設利用者の入れ歯に名前を入れるボランティアをした。歯科技工士11人が参加し、56人分の入れ歯の歯茎部分に、利用者の名前を印刷したシールを埋め込んだ。  歯科技工士の仕事を知ってもらい、施設職員た…[続き]

2017/06/26 【信濃毎日新聞】

「うた」へ感謝 嘉手納コンサートに7000人

 「沖縄からうた開き! うたの日コンサート2017in嘉手納」が24日、嘉手納町兼久海浜公園で開かれた。会場には約7千人(主催者発表)が訪れ、初夏の日差しと潮風を浴びながら、次々と繰り広げられるアーティストのパフォーマンスを堪能した。…[続き]

2017/06/25 【琉球新報】