ホッとニュース

響く

心に響く、感動のニュース

米大学生、美里も古里に 曽祖父の出身地で親類と念願の対面

 宮城県美里町(旧不動堂村)出身の曽祖父を持つ米ユタ州の大学生ヨルダン・コール・ハンコックさん(20)が14日、町内の遠縁と初めて対面した。交流が途絶えていた親類と対面できたハンコックさんは「第2の古里ができた」と喜んでいる。  ハンコックさんの曽祖父寒河江徳蔵さん(1969年に72歳で死去)は1…[続き]

2017/08/20 【河北新報】

「岩崎音頭」お披露目、湯沢 曲と踊り完成、地元住民が涙

 秋田県湯沢市岩崎の渡部浅三郎さん(2005年死去)が約40~50年前に作詞し、地元NPO法人「岩崎NPO」が曲と踊りを付けて完成させた創作踊り「岩崎音頭」のお披露目会が16日、市ふるさとふれあいセンターで開かれた。地元で親しまれながらも従来は歌詞しか存在せず、涙を流して完成を喜ぶ住民も見られた。 …[続き]

2017/08/20 【秋田魁新報】

川面を照らす3千個の灯籠 佐野でみ魂まつり

 【佐野】先祖の霊を弔い送り返す灯籠流し「み魂(たま)まつり」が18日夜、天神町の秋山川河川敷で行われ、約3千個の幻想的な明かりが川面を照らした。…[続き]

2017/08/20 【下野新聞】

仏で神楽公演に意欲 いわみ福祉会(浜田)プレ公演

 10月下旬にフランス・ナント市である日仏障害者文化芸術国際交流事業「2017ジャパン×ナントプロジェクト」を前に19日、松江市殿町の島根県民会館でプレ公演があり、欧州での初舞台に臨む社会福祉法人いわみ福祉会芸能クラブ(浜田市)が石見神楽を披露した。本公演には演劇チーム「じゆう劇場」(鳥取市)も出演…[続き]

2017/08/20 【山陰中央新報】

和楽器隊が“出没” 瀬戸芸会場沸かせる

 瀬戸内国際芸術祭2016に出演して好評を博した和楽器隊「切腹ピストルズ」が19日、同芸術祭の会場などに“出没”して演奏を繰り広げるイベントがあり、力強い音を響かせての練り歩きなど迫力満点のパフォーマンスで集まった見物客を盛り上げた。  イベントは、瀬戸芸会場となった島々などへの誘客を図り、継続公…[続き]

2017/08/20 【四国新聞】

夢実現へ中学生プレゼン 福山

 福山市の中学生の夢の実現を後押しする「夢・未来プロジェクト」の支援対象者を決める最終審査が19日、同市東桜町の広島県民文化センターふくやまであった。中学生が夢と実現への努力を発表し、個人2人、グループ2組が支援対象に選ばれた。  343件の応募の中から一次審査を通過した個人5人とグループ5組が発…[続き]

2017/08/20 【中国新聞】

神通峡に大輪鮮やか 大沢野花火大会

 大沢野花火大会が19日、富山市の旧猿倉山スキー場で行われ、約千発が神通峡の夜空を鮮やかに彩った。富山市南商工会大沢野細入支部主催、北日本新聞社共催。  スターマインで豪快にオープニングを飾ると、映画音楽やドラマのテーマ曲に合わせた幻想的な「音楽花火」や、思いを込めた「メッセージ花火」などが次々と…[続き]

2017/08/20 【北日本新聞】

戦禍伝える、御賜の義指 日中戦争で負傷、白鷹・金田さん生家に

 日中戦争で左手に銃弾を受け、2本の指を失った白鷹町高玉の故・金田為好(いよし)さんに帰還後、皇室から贈られた二つの義指が、同町の生家に残されている。「父が命懸けでいただいた形見」と大切に保管してきた家族は、戦争の記憶をとどめる「御賜(おんし)の義指」を戦争遺産として後世に残したいと願う。  戦…[続き]

2017/08/19 【山形新聞】

地域に感謝、夢舞台で夢太鼓 全国総文祭で宇部・厚東川中

第17回全国中学校総合文化祭神奈川大会(全国中学校文化連盟など主催)舞台発表の部の2日目が18日、横浜市中区の横浜市市民文化会館関内ホールであり、山口県代表として出場した宇部市吉見の厚東川中学校(河村宏子校長、65人)の生徒たちが全国の舞台で太鼓演奏の腕前を披露した。…[続き]

2017/08/19 【山口新聞】

ハルちゃんのヒマワリ、企業でも 京都、交通事故防止願い

 京都府木津川市で2011年に交通事故で亡くなった東陽大(はると)ちゃん=当時(4)=が育てていたヒマワリの子孫を広げる活動が、京都市内の企業にも広がっている。取り組みに賛同した各社は「社員の交通安全意識を高めたい」と色鮮やかな大輪に誓っている。…[続き]

2017/08/19 【京都新聞】