47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  笑える

ホッとニュース

笑える

全身どろどろ「今年は豊作」 朝倉で奇祭

 酔った白装束の代宮司(だいぐうじ)に子どもたちが泥を投げ付け、汚れ具合で今年の農作物の作柄を占う奇祭「泥打ち祭り」が26日、福岡県朝倉市の阿蘇神社であった。見物客の服やアマチュアカメラマンのカメラにも「流れ弾」が当たり、集落に悲鳴と笑い声が響いた。…[続き]

2017/03/27 【西日本新聞】

「かんぴょうスピーカー」どんな音? 地元企業が小学校に贈呈

 【小山】駅南町3丁目の電機店「サウンドテック高橋電機」の代表取締役高橋昭(たかはしあきら)さん(66)らは22日、羽川西小に夕顔の実を使った「かんぴょうスピーカー」を贈呈した。…[続き]

2017/03/23 【下野新聞】

3回脱走、ペンギン「トット」1位 須坂市動物園の代表選挙

 須坂市動物園の2017年度の顔となる動物を決める「代表動物選挙」が開票され、雌のフンボルトペンギン「トット」が投票総数(3113人)の26%(806人)の票を得て1位になった。年間パスポート券の表紙に描かれたり、催しに出たりして園のPR役になる。  トットは12年、3回にわたって動物園を脱走し、「…[続き]

2017/03/22 【信濃毎日新聞】

本紙記者も挑戦、奮闘も8位 日光・そば早食い選手権

 【日光】地場産業の振興などを目的に始まった市内最古のそばイベントに、記者も挑戦した。結果は1分39秒69の参加85人中8位と入賞には及ばず、力の差を痛感した。…[続き]

2017/03/13 【下野新聞】

高知家ポジティブ・コレクション 前向き県民情報を動画に

 これを見たら高知家が分かる? 高知県民の前向きな姿や積極性を前面にプロモーションを展開中の高知県は、県民から集めたエピソードを基に集大成の動画を制作し、3月9日、高知家Webサイトで公開した。  高知県は「高知家ポジティブ・コレクション」と題し、2016年6月から情報を募集。川柳や写真、エピソー…[続き]

2017/03/10 【高知新聞】

「命」未来につなげて ゴルゴ松本さん「漢字」授業

 お笑いコンビ「TIM」のゴルゴ松本さん(49)が9日、香川県高松市前田東町の高松東高校(佐藤良二校長)で「命の授業」を行った。「命」の漢字を体で表現するギャグで人気を博したゴルゴさんは、命などの漢字の成り立ちに独自の解釈を交えながら人生訓を語り、「君たちは、この時代に必要だから生まれてきた。やるべ…[続き]

2017/03/10 【四国新聞】

校長室に漫画千冊以上! 養父の廃校舎図書室人気

 廃校舎を活用したアート拠点施設「おおやアート村ビッグ・ラボ」(兵庫県養父市大屋町加保)にある漫画図書室が、来場者の人気を集めている。かつて校長室だった部屋に千冊以上の漫画本が並び、革張りのソファにゆったり座って読みふけることができる。  ビッグ・ラボは2012年、旧八鹿高校大屋校の廃校舎を改装し…[続き]

2017/03/04 【神戸新聞】

サンガ試合中に漏水、散水管を取り換え 亀裂確認

 2月26日に行われたサッカーJ2京都サンガFC-山形戦の試合中に会場の西京極陸上競技場(京都市右京区)のピッチの下から水が出た問題で、京都市は2日までに漏水箇所の散水管を取り換えた。4日のホームゲームを含め、今後試合中は散水ポンプの元栓を閉め再発防止に努めるという。…[続き]

2017/03/03 【京都新聞】

高知県の高齢アイドル爺―POPが新曲 全編英語で世界発信

 「高知家」のスターの中から結成した平均年齢68・2歳の5人組アイドルグループ「爺(じい)―POP」が2月24日、第2弾となる新曲「I Was Young」のプロモーションビデオを公開した。歌詞は全編英語。前向きに年を重ねる素晴らしさを「全世界、全人類へ向けて発信する」とぶち上げている。…[続き]

2017/02/25 【高知新聞】

風呂おけ卓球、全国V 長門市職員ペア、初出場で

ラケット代わりに風呂おけを使うご当地温泉卓球大会「全国桶(おけ)ット卓球大会」で、男子ペアの部に長門市職員の安藤健介さん(43)、田中雄二さん(31)の長門湯本温泉チームが初出場し、優勝した。 同大会は4日、兵庫県篠山市のこんだ薬師温泉で開催。風呂おけを両手で持って、「アーユーオケー?」の掛け声で…[続き]

2017/02/22 【山口新聞】