47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  かわいい

ホッとニュース

可愛い

全学年でかかし製作 宇都宮市細谷小

【宇都宮】細谷小(446人)は19日、同校近くにある学校水田のあぜ道に児童が作ったかかし15体を立てた。担任に似せ眼鏡を描いたり、かわいい女の子になるようネックレスを着けたり、児童が工夫を凝らした力作のかかしが整列した=写真。  かかしは、これまで田植え学習をする2、5年生だけが作っていたが、今年…[続き]

2017/07/26 【下野新聞】

動物たちに涼、氷プレゼント 到津の森公園

 二十四節気の一つで、一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」の23日、小倉北区の到津の森公園では、動物たちに涼をとってもらおうと、氷柱や冷凍した果物をプレゼントするイベントがあった。…[続き]

2017/07/24 【西日本新聞】

ところてんで「涼」いかが 児童らがお接待 白峯寺

 本堂など9棟が国の重要文化財に指定される運びの四国霊場81番札所・白峯寺(坂出市青海町、三好実雅住職)で23日、地元の児童らがお接待を体験した。参拝者らにところてんや麦茶を振る舞い、地域に息づく温かいおもてなしの文化を学ぶとともに、由緒ある寺での経験を通じて豊かな郷土愛を育んだ。  市観光協会の…[続き]

2017/07/24 【四国新聞】

たてもん祭りへ笛や太鼓稽古 魚津の諏訪神社氏子ら

 8月4、5の両日に魚津市の諏訪神社で行われる「たてもん祭り」に向け、はやしの練習が始まっている。昨年12月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されてから初めての祭りで、氏子らは熱心に稽古している。  祭りは豊漁や航海の安全を願う伝統行事で国指定重要無形民俗文化財にもなっている。…[続き]

2017/07/23 【北日本新聞】

赤ちゃん、みこしくぐり健康祈る

 木曽町福島の水無(すいむ)神社例大祭は22日、2日間の日程で始まった。毎年造り直す約400キロのみこしと、おはやしを乗せただんじり(山車)が出て、住民らが練り歩いた。出発前、赤ちゃんをみこしの下にくぐらせて健康を祈る「心願(しんがん)」に親子連れが集まった。  昼前にご神体を納めたみこしが神社を…[続き]

2017/07/23 【信濃毎日新聞】

牛乳PRのみるひぃ、うれしい”昇格”

 【那須塩原】生乳生産本州一を誇る市の牛乳消費拡大PRキャラクター「みるひぃ」が21日、新たに市の「那須塩原ブランドキャラクター」に就任し、君島寛(きみじまひろし)市長から任命書が手渡された。これまで畜産や牛乳PRイベントを中心に活動してきたが、今後は幅広く市のイメージアップを担う。  みるひぃは…[続き]

2017/07/22 【下野新聞】

「マンゴー町」全国に SKE・大場さん一日町長

 人気アイドルグループ「SKE48」のメンバー大場美奈さん(25)が13日、日南市が完熟マンゴーPRのために「マンゴー町」と称している同市南郷町を訪れ、「一日マンゴー町長」に就任した。南郷中(大木賢彦校長、204人)をサプライズ訪問し、生徒たちを喜ばせた。  同グループの新曲「意外にマンゴー」の発売…[続き]

2017/07/21 【宮崎日日新聞】

14年ぶりカモシカの赤ちゃん わんぱーくこうちで近く公開

 わんぱーくこうちアニマルランド(高知市桟橋通6丁目)で6月初旬、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生し、すくすく育っている。わんぱーくこうちアニマルランドでは14年ぶりの誕生で、飼育担当者は「わが子のようにうれしい」と成長を見守っている。  ニホンカモシカはウシ科の動物で、主に四国、本州、九州の山岳地…[続き]

2017/07/21 【高知新聞】

特産丸いも、つる巻き体験 能美・福岡保育園

 能美市福岡保育園の年長児28人は20日、同市中庄町の畑で能美特産の加賀丸いものつる巻きを体験した。  園児が4月12日に植えた丸いもで、畑に入った園児は高さ約70センチの位置に張られたビニールひもにつるを巻き付けた。丸いもの普及拡大に取り組む「中庄町丸いも娯楽会(ごらくかい)」の南修二さん(70)…[続き]

2017/07/21 【北國新聞】

絶滅危惧種の鳥、近畿で初の繁殖 滋賀・高島

 絶滅危惧種に指定され、鮮やかな羽色が特徴のヤイロチョウが繁殖している姿が、滋賀県高島市内で撮影された。近畿地方で繁殖を確認したのは初めてとみられ、野鳥愛好家らも注目している。…[続き]

2017/07/20 【京都新聞】