47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  なるほど

ホッとニュース

なるほど

地元ではフツーなのに、他県の 人から見れば「え!?」「おやおや」「なるほどねぇ」という話

目指せそば打ち段位 利賀

 全麺協公認の素人そば打ち段位認定利賀大会が24日、南砺市利賀村坂上の「スターフォレスト利賀」で開かれ、県内の25人が初段や二段に挑んだ。  全麺協の段位認定は、そば打ちを職業としていない人が対象。そば打ちによる仲間づくり、地域づくり、自分づくり(人格形成)を目指している。  この日は初段に17…[続き]

2017/09/25 【北日本新聞】

新潟舞台の古浄瑠璃、国内7年ぶり上演 柏崎

 本県を舞台にした江戸時代の古浄瑠璃「越後国柏崎 弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)」が24日、柏崎市産業文化会館で上演された。約50年前に台本が発見されたロンドンで6月に行った「里帰り公演」の再演で、実行委員会によると国内では約7年ぶりの舞台となる。  「越後国-」は、柏崎で道楽を繰り返し…[続き]

2017/09/25 【新潟日報】

伝統の舞、地元住民が披露 佐久で「湯原神社式三番」奉納

 長野県佐久市湯原の湯原神社で24日、県無形民俗文化財「湯原神社式三番(しきさんば)」が奉納された。天下太平や五穀豊穣(ほうじょう)を願う秋の例大祭の神事。地元住民らが翁や三番叟(さんばそう)に扮(ふん)し、横笛や鼓の演奏に合わせ、専用の舞台を踏みならして舞った。  湯原神社の式三番は260年以上…[続き]

2017/09/25 【信濃毎日新聞】

マツタケ初物届く 珠洲の商店、昨年より1日早く

 マツタケの産地である珠洲市で24日、今秋の初物となるマツタケ2本が入荷した。昨年より1日早く入荷されたマツタケは箱詰めされ、金沢市中央卸売市場に出荷された。  珠洲市飯田町の今井商店には市内の生産者から、最大長さ13センチ、傘の直径7センチ、重さ約70グラムのマツタケが届いた。同店によると、ここ数…[続き]

2017/09/25 【北國新聞】

到津の森公園支援ゾウ描いて訴え 黒田征太郎さんと来園した子ども

 開園15周年を迎えた到津の森公園(小倉北区)で24日、イラストレーター黒田征太郎さん(78)=門司区在住=と来園した子どもたちが、一緒にゾウの絵を描くイベントを開かれた。園に親しみ、支える市民を増やそうと、支援団体の「到津の森ちからの会」が企画。えさ代を援助する「動物サポーター」への加入も来園者に…[続き]

2017/09/25 【西日本新聞】

舞踊家・小島章司さんが徳島市で喜寿記念公演

 牟岐町出身のフラメンコ舞踊家で文化功労者の小島章司さん(77)=東京都=と、同郷の友人で演劇評論家浅香寿穂(ひさほ)さん(77)=徳島市=の公演「マノ・ア・マノ ふたりの喜寿祭」が23日、同市のあわぎんホールであり、観衆約800人が2人のエネルギッシュなステージに酔った。  小島さんは、フラメン…[続き]

2017/09/24 【徳島新聞】

コウノトリ飛来「幸せを運ぶ鳥、見えた」 京都・丹波

 京都府南丹市日吉町に23日、国の特別天然記念物コウノトリ1羽が飛来しているのを住民が見つけ、撮影に成功した。保護・繁殖に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)の確認で2年前に放鳥されたコウノトリと分かり、「幸せを運ぶ鳥を見られてラッキーだ」と喜んでいる。…[続き]

2017/09/24 【京都新聞】

高岡大仏輝き一層 奉賛会が「お身ぬぐい」

 高岡市のシンボル、高岡大仏の「お身ぬぐい」が23日、高岡市大手町の大仏寺で行われた。高岡大仏奉賛会(川村人志会長)のメンバーや地元住民ら27人が大仏に付いた1年間のほこりや汚れを落とした。  高岡銅器の技で作られた大仏は地上16メートル、総重量65トンで「日本三大仏」の一つとされる。市指定文化財…[続き]

2017/09/24 【北日本新聞】

「ランドクルーザー」ゲレンデ駆け上がる 猪苗代で耶麻フェス

 耶麻地方で山を楽しむイベント「YAMAFES(耶麻フェス)」は23日、猪苗代町の沼尻スキー場で始まった。来場者はゲレンデでトヨタ自動車四輪駆動車ランドクルーザーの乗車体験などを楽しんでいる。24日まで。…[続き]

2017/09/24 【福島民友新聞】

囲碁文化継承へ 坂出でサミット初開催

 囲碁文化の振興に取り組む全国13市町が集結した「囲碁サミット2017inさかいで」(同実行委、坂出市など主催)が23日、香川県坂出市内のホテルで開催された。基調講演やパネル討論などを通じて、囲碁の魅力や教育効果、特性を生かしたまちづくりに向けて方策を探った。  囲碁サミットは、神奈川県平塚市や広…[続き]

2017/09/24 【四国新聞】