47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  なるほど

ホッとニュース

なるほど

地元ではフツーなのに、他県の 人から見れば「え!?」「おやおや」「なるほどねぇ」という話

孫育て「ジジ・ババ」に応援手当

 広島県府中町は4月から、仕事などで子育てが難しい保護者に代わって幼児を育てる祖父母らに月1万5千円の「プラチナ保育手当」を支給する。保育所不足を補い、待機児童を減らす狙い。祖父母世代への給付金制度は同県内では初めて。県働く女性応援課は「全国的にも珍しい制度」とみる。  支給対象は、生後6週間から…[続き]

2017/03/24 【中国新聞】

3/26高知県四万十町の桜マラソンでイベント民泊を県内初導入

 自治体の裁量で住宅を宿として有料提供できる「イベント民泊」が、高知県高岡郡四万十町で3月26日に催される「第9回四万十川桜マラソン」に合わせて実施される。宿泊施設不足に悩む全国の地域で導入が始まっており、高知県内では初めて。受け入れ先は10軒と少ないが、大会の実行委員会は「実績を重ねて周知を図り、…[続き]

2017/03/24 【高知新聞】

日野町 築120年の空き家をお試し住宅に

 鳥取県日野町が4月から、築120年の空き家を活用し、移住希望者用に居住環境を整えたお試し住宅の運用を始める。旧出雲街道沿いに立ち、かつて染物店だった庭付きの古民家。人口流出に歯止めがかからず、増え続ける空き家対策に苦慮する町は、田園回帰志向の子育て世帯の呼び水にする考えだ。  移住希望者に生活体…[続き]

2017/03/24 【山陰中央新報】

「明峰寺あめ」人気復活を 長門の明倫小児童が再現

長門市三隅中の明倫小学校(新江田智司校長、158人)の4年生34人が、かつて地元の銘菓として人気を集めた「明峰寺あめ」の復活に取り組んだ。途絶えた地元の銘菓が再び定着できるか期待が高まる。 …[続き]

2017/03/24 【山口新聞】

NGT48、メジャーデビューのCD発売を報告

 本県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」キャプテンの北原里英さん(25)=写真左=らメンバー3人が23日、県庁を訪れ、メジャーデビュー曲となるシングルCDが4月12日に発売されることを米山隆一知事に報告した。  デビュー曲「青春時計」はラップ調が交じる軽快な曲で、ミュージックビデオは新…[続き]

2017/03/24 【新潟日報】

手作り救急車が大活躍 MESHサポート 年174件搬送

 【名護】民間救急ヘリを運航するMESHサポートは、急患を名護市宇茂佐のヘリポートから病院まで迅速に搬送するため、救命救急士自らワンボックスカーを改造した自前の救急車を活用している。…[続き]

2017/03/24 【琉球新報】

女性警察官働きやすく 金沢中署、専用待機室にトイレ改装

 金沢中署は、女性警察官の働きやすさを向上させるため、同署と管内の交番に女性専用の待機室を設けた。昨年夏に始めた女性署員による相談で寄せられた声を基に実施し、交番のトイレ改装も行った。石川県内の警察署に先駆けた取り組みで、女性警察官の精神的負担を減らす。犯罪の捜査や抑止などで女性警察官の役割がより重…[続き]

2017/03/24 【北國新聞】

池田町のたばこ産業繁栄に貢献 武右衛門の歴史絵本に

 江戸時代の三好市池田町にたばこの刻み機をもたらし、たばこ産業で町が栄えるきっかけをつくったとされる中村屋武右衛門(ぶえもん)のことをもっと多くの人に知ってもらおうと、同市のNPO法人マチトソラが絵本を作った。文章と題字は、マチトソラの理事で武右衛門の子孫に当たる黒木公子さん(80)=同市池田町マチ…[続き]

2017/03/24 【徳島新聞】

富山県美術館25日部分開館 IT活用しアート体験

 富山県美術館(富山市木場町)のメディア向け内覧会が23日、開かれた。2回目となる今回は、25日の部分開館を目前に控え、収蔵品のポスターを紹介する巨大タッチパネルやITを活用したアトラクションを実演。「体験」を通してアートに親しむ施設の魅力をアピールした。  富山県美術館は、県立近代美術館が富岩運…[続き]

2017/03/24 【北日本新聞】

善意の靴フィリピンへ 小矢部中RC、野球ユニホームも

 フィリピン・ネグロス島の子どもたちに靴を毎年贈っている小矢部中ロータリークラブ(RC)は23日、小矢部市のおやべ市民活動サポートセンターで、市民から提供された約200足を梱包(こんぽう)した。今回は野球のユニホーム45着も寄せられ、現地へ発送した。約2~3カ月後に届くという。  靴やズックは2月…[続き]

2017/03/24 【北日本新聞】