47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  全記事一覧

ホッとニュース

全記事一覧

徳島県内で考古学ファン増加 高齢者ら生涯学習の場に

 徳島県内で、考古学に関する市民講座や遺跡発掘現場での現地説明会が、高齢者を中心に生涯学習の場として人気となっている。退職を機に地元の歴史を知ろうと学び始める人が目立ち、徳島市立考古資料館(同市国府町西矢野)や県埋蔵文化財センター(板野町犬伏)が主催する行事は参加者が増加傾向にある。  徳島市立考…[続き]

2017/08/20 【徳島新聞】

母校に1億円寄付 掛川西高OBの渡辺さん(大阪)

 掛川西高OBの会社役員渡辺建三さん(64)=大阪市=が母校の学生を支援するため、私財から1億円を寄付した。19日に掛川市内で開かれた同窓会で、同級生有志と支援団体「学而会」を設立したことと合わせて発表した。土井宏晃校長と前知事の石川嘉延同窓会長から感謝状を受け取った。  同会として大型バスを購入し…[続き]

2017/08/20 【静岡新聞】

米大学生、美里も古里に 曽祖父の出身地で親類と念願の対面

 宮城県美里町(旧不動堂村)出身の曽祖父を持つ米ユタ州の大学生ヨルダン・コール・ハンコックさん(20)が14日、町内の遠縁と初めて対面した。交流が途絶えていた親類と対面できたハンコックさんは「第2の古里ができた」と喜んでいる。  ハンコックさんの曽祖父寒河江徳蔵さん(1969年に72歳で死去)は1…[続き]

2017/08/20 【河北新報】

「岩崎音頭」お披露目、湯沢 曲と踊り完成、地元住民が涙

 秋田県湯沢市岩崎の渡部浅三郎さん(2005年死去)が約40~50年前に作詞し、地元NPO法人「岩崎NPO」が曲と踊りを付けて完成させた創作踊り「岩崎音頭」のお披露目会が16日、市ふるさとふれあいセンターで開かれた。地元で親しまれながらも従来は歌詞しか存在せず、涙を流して完成を喜ぶ住民も見られた。 …[続き]

2017/08/20 【秋田魁新報】

カラフルな「年輪」花壇が出現 秋田市役所前で大会PR

 秋田市役所前に、「年輪」をイメージした色とりどりの花壇が設置され、来庁者らの目を引いている。来月本県で全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)が開かれるのを前に、年輪でねんりんピックをPRする狙い。市は「選手や関係者を華やかな雰囲気で迎えたい」としている。 …[続き]

2017/08/20 【秋田魁新報】

子どもチアダン、元気よく 大津でフェス

 バスケットボールBリーグの6クラブのチア教室で活動する子どもたちが演技を披露する「チアスクールフェスティバル」が19日、大津市打出浜のびわ湖ホールで始まった。…[続き]

2017/08/20 【京都新聞】

東京・渋谷で味わう『日本一おいしい酒』 福島県内45蔵元出展

 福島県酒造組合(新城猪之吉会長)の地酒PRイベント「ふくしま美酒体験in渋谷」は19日、東京・渋谷で行われ、多くの来場者が全国新酒鑑評会で金賞受賞数5年連続日本一を獲得した本県のおいしい酒を味わった。…[続き]

2017/08/20 【福島民友新聞】

河童が少年柔道の練習に乱入? しかし… 福崎町

 河童と児童が柔道対決!?-。播磨地域の小学生約90人が集まる「少年柔道合同練習」が19日、兵庫県福崎町高岡の神戸医療福祉大であった。福崎町のリアルな河童のキャラクター「ガジロウ」も乱入し、子どもや指導者らと熱戦を繰り広げた。  同町は「妖怪談義」などを著した民俗学者柳田国男(1875~1962年…[続き]

2017/08/20 【神戸新聞】

シュカンの旬到来 高知県四万十市で「解禁祭」

 旬を迎えたブシュカンのおいしさを広める「四万十ぶしゅかん解禁祭」が8月19日、高知県四万十市中村天神橋の天神橋商店街で開かれた。果汁を使った加工品販売や踊り、ライブなど多彩なイベントでにぎわった。…[続き]

2017/08/20 【高知新聞】

「とんちゃん日本一」の栄冠は? 全国から21店が出店、大野

 お気に入りの「とんちゃん」はどれ? 全国のホルモン料理が並ぶ「越前おおの とんちゃん祭」(福井新聞社後援)は19日、福井県大野市役所の駐車場で始まった。過去最大規模の15府県21店舗が出店し、大勢の家族連れらが食べ比べを楽しんだ。20日まで。…[続き]

2017/08/20 【福井新聞】