47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  なるほど >  大山秋冬料理 発表会 地元食材の魅力発信

ホッとニュース

記事

大山秋冬料理 発表会 地元食材の魅力発信へ

 来年の大山開山1300年祭にちなんだ秋冬料理の発表会が9日、米子市西福原1丁目のスマイルホテル米子であった。地元食材の魅力発信に取り組もうと県西部の官民でつくる「名物料理を作る会」(土井一朗会長)が主催し、地元ホテルや旅館、飲食店が創作した11品を披露。今後は6月に発表した春夏料理10品と合わせてPRを強化する。

 発表会は大山開山1300年祭実行委員会のメンバーなど36人が出席し、料理を試食した。料理人は野生の鳥獣肉(ジビエ)、カニ、サワラ、鳥取和牛から1品を選んで新たなメニューを考案。盛り付けやネーミングなど客を引きつけるための工夫も凝らした。
 皆生グ…[記事全文]

なるほど   2017/11/10 13:26   【山陰中央新報】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報