47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  響く >  「二十五さま」里帰り 平安末期の仏像群 

ホッとニュース

記事

「二十五さま」里帰り 平安末期の仏像群 住民の寄付で収蔵庫修繕

 地域住民の厚い信仰を集めている岩手県一関市東山町の仏像群「松川二十五菩薩(ぼさつ)像」が、修繕工事を終えた地元の収蔵庫に約3年ぶりに戻ってきた。4、5の両日、同町松川市民センター敷地内の収蔵庫で公開される。
 松川二十五菩薩像は平安時代末期の作とされ、本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)座像を中心に菩薩像25体、飛天像7体で構成。砂鉄川の洪水でこの地に仏像が流れ着いたという伝説が残り、「二十五さま」の愛称で親しまれてきた。
 2015年に収蔵庫の雨漏り対策工事が始まったのに合わせて、一関市博物館がばらばらの状態で保管されていた仏像群を可能な限り組み立てた。
[記事全文]

響く   2017/11/03 15:14   【河北新報】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報