47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  びっくり >  氷見の巨木、世界一に貢献 神戸のXマスツ

ホッとニュース

記事

氷見の巨木、世界一に貢献 神戸のXマスツリーに

 兵庫県川西市の「そら植物園」(西畠清順代表)が神戸市で進めているプロジェクト「めざせ!世界一のクリスマスツリー」に、氷見市の中山間地にあるアスナロの木が使われることが決まった。米国ロックフェラーセンターの巨大ツリーを上回る高さになる計画だ。氷見の巨木が、阪神大震災や東日本大震災をはじめとする災害犠牲者の鎮魂や復興への希望の象徴になる。

 同植物園が神戸開港150年記念事業の関連事業として企画。阪神大震災の犠牲者を悼む行事「神戸ルミナリエ」と同時期に行う。

 西畠さんは希少植物を探して世界を巡る「プラントハンター」。4年前に氷見市海浜植物園からリニューアル…[記事全文]

びっくり   2017/10/05 08:41   【北日本新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報