47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  笑える >  天下分け目決戦の日、関ケ原で三成ゆかりの

ホッとニュース

記事

天下分け目決戦の日、関ケ原で三成ゆかりの滋賀PR

 滋賀県の彦根、長浜、米原の3市でつくるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会は15日、天下分け目の合戦が行われた同日に合わせ、岐阜県関ケ原町の古戦場で「三成応援キャンペーン」を実施した。

 1600(慶長5)年9月15日(現在の暦で10月21日)、石田三成率いる西軍と、徳川家康を大将とする東軍が関ケ原で激突し、明治維新まで続く徳川時代への流れが決まった。

 今年は、映画「関ケ原」が公開中でもあり、歴史ファンに滋賀観光を訴えようと同協議会が初めて行った。3市の職員4人が、石田三成陣跡の笹尾山麓にある関ケ原笹尾山交流館を訪問。羽柴秀吉と三成が出会った観音寺(米原市…[記事全文]

笑える   2017/09/16 13:45   【京都新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報