47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  響く >  鈴木選手の早期回復願い千羽鶴

ホッとニュース

記事

鈴木選手の早期回復願い千羽鶴

 右足首を骨折した広島東洋カープの鈴木誠也選手(23)の早期回復を願い、千羽鶴を折る動きが広がっている。東広島市の会社員玖島一義さん(46)は、会員制交流サイト(SNS)などを通じて全国から5100羽を集め、鈴木選手に寄贈。カープの歴史をたどる写真展を開いている広島市西区の泉美術館は、特設コーナーを設け、来場者に鶴を折ってもらうよう呼び掛けている。

 玖島さんは、鈴木選手が負傷した8月23日のDeNA戦の翌日から、職場の同僚たちに声を掛け、鶴を折り始めた。セ・リーグ連覇を目指すチームを4番として引っ張ったが、今季絶望の大けが。「優勝間近で本人が一番悔しいはず。何かしたいと…[記事全文]

響く   2017/09/13 13:58   【中国新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報