47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  なるほど >  被爆2世・沖西さん(広島在住)講話 原爆

ホッとニュース

記事

被爆2世・沖西さん(広島在住)講話 原爆の恐ろしさ まざまざ

 被爆2世の沖西慶子さん(52)=広島市在住=が12日、長崎原爆で被爆した母素子さん(82)の体験を伝える講話を、島根県出雲市大津町の大津小学校で行った。慶子さんは、長崎市の事業で、被爆の体験や思いを次世代に伝える「家族・交流証言者」として活動しており、6年生90人は平和の尊さや、原爆や戦争の恐ろしさを継承する大切さを学んだ。

 被爆者が高齢化する中、被爆者から体験を聞き取った家族らを対象にした「家族・交流証言者」事業は、長崎市が2014年度に始めた。出雲市が派遣を要請し、県内で初めて行った。
 慶子さんは写真や絵を見せながら、原爆が投下された1945年8月9…[記事全文]

なるほど   2017/09/13 13:18   【山陰中央新報】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報