47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  響く >  原爆劇上演48年 顧問教諭が講演

ホッとニュース

記事

原爆劇上演48年 顧問教諭が講演

 原爆と平和をテーマにした創作劇を48年にわたり上演している舟入高(広島市中区)演劇部で、顧問を務める須崎幸彦教諭(61)の講演会が11日、原爆資料館(同)であった。演劇部の歴史や、原爆劇に込める平和への思いを語った。

 同校の前身は、生徒や教職員計676人が被爆死した市立第一高等女学校。須崎教諭は約50人を前に、「市内で最も多くの犠牲を出した学校。記憶を受け継ぐ使命がある」と強調した。

 被爆作家原民喜の作品「夏の花」や「はだしのゲン」の作者中沢啓治さんの半生など、これまで上演した主な作品を紹介。部員15人による原爆文学の朗読もあった。

[記事全文]

響く   2017/08/12 14:05   【中国新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報