47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  なるほど >  「登り窯」火入れ再開 大谷焼窯元の矢野陶

ホッとニュース

記事

「登り窯」火入れ再開 大谷焼窯元の矢野陶苑

 鳴門市大麻町の大谷焼窯元・矢野陶苑が18日、3年2カ月ぶりに山の斜面を利用して造られた伝統の「登り窯」に火入れした。20日夕まで、火を絶やさないようにまきを入れる作業を続ける。

 午前8時半から矢野款一さん(74)の長男祐志さん(51)ら3人が、水がめや花瓶など約1500点を入れた窯にまきで点火。温度が最高1240度になるよう夜を徹して火力を調整する。作品が自然に冷める6月30日ごろに窯出しする。

 登り窯は約130年前に造られ、全長は約25メートル。電気やガスの窯を使った作品とは違い、火の当たり具合で味のある焦げ目ができたり、灰の掛かり具合によって独特…[記事全文]

なるほど   2017/06/19 15:32   【徳島新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報