47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  響く >  障害者も読みやすいLLブック 物語想像

ホッとニュース

記事

障害者も読みやすいLLブック 物語想像し会話を

 知的障害や自閉症などの人らのため、写真や絵記号で構成するなど、読みやすいように工夫されたLLブック「はつ恋(こい)」(樹村房)が出版された。企画者の一人、大和大学保健医療学部(大阪府吹田市)の藤澤和子教授に、親や支援者らはどう活用したらいいのかについて聞いた。(鈴木久仁子)

 LLブックはスウェーデン発祥で、海外では教育現場でも広く使われているという。藤澤教授は「中学校や高校でも広めていきたい」と話す。

 今作は「わたしのかぞく なにが起こるかな?」(2015年)に続く第2弾。兵庫県立ピッコロ劇団(尼崎市)の風太郎(ぷうたろう)さんが制作に協力し、出演も…[記事全文]

響く   2017/06/19 11:07   【神戸新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報