47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  びっくり >  「学問のすゝめ」初版本 中津市で見つかる

ホッとニュース

記事

「学問のすゝめ」初版本 中津市で見つかる

 1872年に出版された福沢諭吉の「学問のすゝめ」の初版本が中津市で見つかり、市教委が26日、発表した。地方史研究家で元市立図書館長の故今永正樹氏(1906~88)の遺族が今春、市歴史民俗資料館に寄贈した史料の中から発見。初版本は活版印刷機でわずか4カ月間しか刷られず、現在8冊程度しか確認されていない貴重なものという。30日から市内の福沢記念館で特別公開される。
 学問のすゝめは1872~76年に刊行された計17編から成る双書。元々は中津市学校開設(71年)に当たり、郷里の若者に向け書いたものとされる。有名な「天は人の上に人を造らず~」は初編の冒頭にある。
 初版…[記事全文]

びっくり   2016/07/27 09:53   【大分合同新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報