47NEWS >  地域ニュース >  ホッとニュース >  響く >  地芝居、5年ぶり復活へ 佐久間・諏訪神社

ホッとニュース

記事

地芝居、5年ぶり復活へ 佐久間・諏訪神社

 浜松市天竜区佐久間町相月地区の諏訪神社で24、25の両日に開催される夏季祭典(同実行委員会主催)で、地元住民らが脚本から演出まで手掛けた地芝居が5年ぶりに復活する。「地域の祭典を盛り上げよう」と手を挙げた地元有志らが、直前に迫った本番を前に、連日、熱のこもったけいこを行っている。
 5年ほど前までは、20、30代の若者で組織する「若連」が夏季祭典や地芝居の企画などを担当。集落の人口減少で若連が組織できなくなり、地芝居の継続は困難となっていたが、若連を卒業した40、50代の住民が力を貸す形で復活した。
 タイトルは「浪花恋しぐれ」。相月地区出身の若者が日本一のはな…[記事全文]

響く   2010/07/24 10:08   【静岡新聞】

    記事ランキング
最新ホッとニュース情報