47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  北海道 >  サケの生態に理解深める、登別のキウシト湿原で講演会

 NPO法人キウシト湿原・登別(堀本宏理事長)主催の「サケの話~生まれた川へ帰る」講演会が1日、若山町の同湿原で行われ、参加者がサケの生態について理解を深めた。  登別、白老、伊達から13人が参加。登別さけ・ますふ化場長を務めていた堀本理事長と北海道ボランティアレンジャーの河上清一さんが講師を務めた。  2人は同ふ化場の協力を得て、定置網で捕れたサケと遡上(そじょう)したサケを使って、雄と雌の見分け方を紹介。「雄の頭は真っすぐだが、雌は丸い」などとこつを聞いた参加者は色や形、大きさなどを観…     [記事全文]

2017/10/06 00:00 【室蘭民報】