47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  岐阜 >  朝ドラ「半分、青い。」 岩村でロケ公開

◆ヒロイン役の永野芽郁さん「岐阜弁、難しい」  来春スタートするNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」のロケが10日、ドラマの舞台で、ヒロインの故郷という設定の岐阜県恵那市岩村町で公開された。ヒロインの鈴愛(すずめ)役の永野芽郁さんは「岐阜弁は、関西弁や標準語とも違っていてとても難しい。いつも相談しています」と撮影の裏側をにこやかに明かした。  ドラマ「ロングバケーション」で知られる美濃加茂市出身の脚本家北川悦吏子さんが手掛けるドラマで、高度成長期以降の岐阜県と東京都が舞台。幼くして病気…     [記事全文]

2017/11/11 09:14 【岐阜新聞】