47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  岐阜 >  サラマンカ大との交流促進合意 岐阜大と薬科大、スペインで調印

 来年創立八百周年を迎えるスペインのサラマンカ大で九日(現地時間)、同大と岐阜大、岐阜薬科大の三大学が、合同学術シンポジウムの開催や伊吹山の薬草の文献調査などを盛り込んだ合意書を交わしたと、県が発表した。欧州訪問中の古田肇知事も立ち合った。  白川町のパイプオルガン製造者、故辻宏さんが一九九〇年に現地の大聖堂のオルガンを修復したのがきっかけで、県とサラマンカ市は交流を始めた。合意を受け、薬草に関する文献を多く所蔵するサ大と、県内の医学・薬学の学術交流を、より促進させる。  各大学の代表者ら…     [記事全文]

2017/11/11 08:00 【中日新聞】