47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  岐阜 >  平安しのぶ「小川市」案内板設置 岐阜・熊野神社 

 岐阜市古市場の熊野神社境内に、地元の「黒野城と加藤貞泰公研究会」が、平安時代の文献に登場する市場「小川市(おがわいち)」を解説する案内板を設置した。市があった場所は明確でないが、研究会の会長で元高校教諭の郷孝夫さん(75)は論文で、熊野神社周辺にあったと推測している。  小川市は、平安時代の説話集「日本霊異記」や「今昔物語集」に、美濃国方県(かたがた)郡(現在の岐阜市北部)の市として登場する。  市が立つたび、力持ちの大女が現れて商品を強奪していたが、尾張国の寺法師の孫娘がむちで…     [記事全文]

2016/03/11 08:00 【中日新聞】