47NEWS >  元気!ふるさと発信 >  ふるさと発信一覧 > 英語版、「東北復興新聞」公開 被災地の現状を世界へ発信

元気!ふるさと発信 シティープロモーション

ふるさと発信

一覧

英語版、「東北復興新聞」公開 被災地の現状を世界へ発信

rising100.JPG
Rising Tohoku

 被災地で復興に携わる人のための業界紙、「東北復興新聞」の英語版ニュースサイト「Rising Tohoku」が公開された。

 「東北復興新聞」は(NPO法人HUGが運営)、復興従事者の情報共有を促進し、より良い支援の実現を目指すために発行された新聞で、2012年1月の創刊以来、計16号が発刊されている。

 「Rising Tohoku」は、「東北復興新聞」と、自治体やNPOの担当者、研究者らが寄稿した記事やインタビュー記事をまとめたオピニオンサイト「TOMORROW-灯ろう、明日へ-」の英訳記事を中心に構成。

 震災からの復興だけではなく、高齢化や過疎化などの社会問題の解決へ向けた取り組みなど、より大きな枠組みで東北の"いま"を世界に向けて発信する。

 「東北が抱える高齢化などの社会課題は、20年、30年後の世界共通課題といえます。被災地への緊急支援を求めるのではなく、海外の方と"つながり"を持つための情報発信をするのが目的です」とHUG代表理事の本間勇輝さん。

 復興の過程など、「世界中の人にとって勉強になる」という観点から記事をピックアップし、英訳。日本在住の外国人や日本に強い関心を持つ外国人をターゲットに、情報を伝えていくという。

 復興の現場で活躍する人々の「生の声」を通じて、東北の"いま"を世界に届ける。

URL:http://www.rise-tohoku.jp/

 


touhoku.JPG
東北復興新聞


TOMORROW-灯ろう、明日へ-

<東北復興新聞>

発行頻度:月刊 (※10月号より、これまでの月2回発行からリニューアル。)

サイズ:タブロイド版 8ページ

発行部数:約3000部

価格:無料

紙版購読は申込フォーム【http://www.rise-tohoku.jp/?page_id=41】から

※WEBサイト(http://www.rise-tohoku.jp/)でも同じ内容を読むことができます。バックナンバーはHPからダウンロード可能です。

 

<TOMORROW-灯ろう、明日へ->

URL:http://www.rise-tohoku.jp/tomorrow/

 









(47行政ジャーナル・中西美希)

2012/10/02 15:54 【47行政ジャーナル】


<< 前の記事 | トップ | 次の記事 >>

最新記事