47NEWS >  元気!ふるさと発信 >  地域ブランド一覧 > 豊島区がサリーちゃん、バビル2世、赤影に特別住民票

元気!ふるさと発信 シティープロモーション

地域ブランド

一覧

豊島区がサリーちゃん、バビル2世、赤影に特別住民票

toshima_sally.jpg

 東京都豊島区は区制80周年を記念して、区内に長年暮らした漫画家、横山光輝さんの「魔法使いサリー」「バビル2世」「仮面の忍者赤影」の主人公の〝特別住民票〟をつくった。

◇     ◇

 7月2日からサリーちゃん、8月1日からバビル2世、9月3日から赤影を、区の施設などで発売する。各400円(うち100円は東日本大震災被災地への寄付金)で3キャラクターを描いたオリジナルクリアファイル付きだ。

 横山さんは豊島区千早に45年間住み、多数の名作を世に出した。区は地元図書館の特別コーナー開設や、記念切手シートづくりなどに取り組んでおり、特別住民票の発売もその一環だ。

 横山さんの代表作のひとつ「鉄人28号」は、横山さんの出身地でもある神戸市に震災復興のモニュメントがつくられたことから同市の特別住民票が交付されており「住民票を移転してもらうわけにはいかないなぁ」とサリーちゃんら3人が〝特別住民〟に選ばれた。400円の価格は本物の住民票交付手数料と同額だ。


 高野之夫豊島区長は「漫画は今、文化の主流だ。横山光輝先生が活躍した豊島区から発信したい」と話している。

 横山光輝キャラクター・特別住民票の公式ホームページはこちら。郵送販売も取り扱っている。
http://www.city.toshima.lg.jp/kanko/kankoevent/027231.html

 問い合わせは豊島区文化観光課観光交流グループ、電話03(3981)1316。

(47行政ジャーナル・橋田欣典)

2012/06/29 07:41 【47行政ジャーナル】


<< 前の記事 | トップ | 次の記事 >>

最新記事