47NEWS >  地域ニュース >  地域再生 >  地域再生大賞

 地域再生大賞 地域づくりに取り組む団体にエールを送ろうと、地方新聞社と共同通信社が2010年度に設けた。各紙が都道府県から原則1団体ずつ計50団体を推薦し、専門家でつくる選考委員会が審査にあたる。これまでに表彰した団体は計350団体に達した。活動分野は産業振興や景観保護、子育て支援など多彩で、地域を考える輪が広がっている。

表彰団体の活動報告はこちら

地域再生大賞は新潟に 準大賞は愛媛と岩手

 地域活性化に挑む団体を支援しようと地方新聞45紙と共同通信社が設けた「第7回地域再生大賞」の各賞が21日決まった。大賞(副賞100万円)は、行政や団体を仲介し新たな活動を進める「都岐沙羅(つきさら)パートナーズセンター」(新潟)。準大賞(同30万円)は農水産物を情報誌と届ける「東北開墾」(岩手)と、障害者と農業に取り組む「パーソナルアシスタント青空」(愛媛)になった。表彰式は2月17日、都内のホテルで行う。
 アートでまちづくりを進める「アーキペラゴ」(香川)には、特設した選考委員長賞(副賞20万円)と中国・四国ブロック賞を贈呈。地域づくりにITを活用する「AIP」(福岡)は奨励賞(同20万円)に決まった。
 地域のモデルとなる活動に贈るブロック賞(副賞10万円)はアーキペラゴのほか「横手市共助組織連合会」(秋田)、「ひばりが丘高校うどん部」(山梨)、「小原ECOプロジェクト」(福井)、「しが農業女子100人プロジェクト」(滋賀)、「五ケ村村おこしグループ」(宮崎)に、それぞれ贈呈する。
 独自の工夫を重ねた活動を評価した特別賞(同10万円)は「ハッピーロードネット」(福島)、「船橋市時活村」(千葉)、「浦添小学校PTA」(沖縄)に決まった。
 そのほか、残る37団体は、各都道府県を代表する取り組みとして、優秀賞を贈ることにした。

▼受賞団体は次の通り。
 
 ▽大賞 都岐沙羅パートナーズセンター(新潟県村上市)
 
 ▽準大賞 東北開墾(岩手県花巻市)、パーソナルアシスタント青空(松山市)
 
 ▽選考委員長賞兼中国・四国ブロック賞 アーキペラゴ(高松市)
 
 ▽奨励賞 AIP(福岡市)
 
 ▽ブロック賞 北海道・東北=横手市共助組織連合会(秋田県横手市)、関東・甲信越=ひばりが丘高校うどん部(山梨県富士吉田市)、東海・北陸=小原ECOプロジェクト(福井県勝山市)、近畿=しが農業女子100人プロジェクト(滋賀県近江八幡市)、九州・沖縄=五ケ村村おこしグループ(宮崎県高千穂町)

 ▽特別賞 ハッピーロードネット(福島県広野町)、船橋市時活村(千葉県船橋市)、浦添小学校PTA(沖縄県浦添市)

 ▽優秀賞 いわみざわ駅まるプロジェクト(北海道岩見沢市)、キウシト湿原・登別(北海道登別市)、八戸前沖さばブランド推進協議会(青森県八戸市)、仙台秋保醸造所(仙台市)、かほくイタリア野菜研究会(山形県河北町)、ふくしま飛行協会(福島市)、コロッケクラブ龍ケ崎(茨城県龍ケ崎市)、足利クリーンハイキングクラブ山和会(栃木県足利市)、桐生再生(群馬県桐生市)、高麗1300(埼玉県日高市)、千住文化普及会(東京都足立区)、小田原柑橘〓(人ベンに貝の目が組のツクリ)楽部(神奈川県小田原市)、信州富士見高原ファーム(長野県富士見町)、こば(富山市)、湯涌ぼんぼり祭り実行委員会(金沢市)、国田家の芝桜を愛する会(岐阜県郡上市)、戸田塩の会(静岡県沼津市)、亀崎まちおこしの会(愛知県半田市)、みやがわ森選組(三重県大台町)、クロスオーバーネットワーク(京都市)、わが町にしなり子育てネット(大阪市)、ジャコウアゲハが飛び交う街姫路連絡協議会(兵庫県姫路市)、奈良まほろばソムリエの会(奈良市)、紀州農レンジャー(和歌山県紀の川市)、白鳳の郷地域活性化協議会(鳥取県琴浦町)、神門通り甦りの会(島根県出雲市)、てっちりこ(岡山県鏡野町)、寺領味野里(広島県安芸太田町)、大道理百笑〓(人ベンに貝の目が組のツクリ)楽部(山口県周南市)、とくし丸(徳島市)、砂浜美術館(高知県黒潮町)、在宅ネット・さが(佐賀市)、松原宿活性化協議会(長崎県大村市)、開懐世利六菓匠(熊本市)、別府八湯ウォーク連絡協議会(大分県別府市)、着物で出水武家屋敷を歩こう会(鹿児島県出水市)、フーカキサバニ(沖縄県名護市)

◎協賛・後援団体一覧

 「第7回地域再生大賞」は、次の企業や省庁、団体が協賛、後援しています。(五十音順)

 ▽協賛 住友化学、中日本高速道路、西日本高速道路、日本政策金融公庫、日本たばこ産業(JT)、日本取引所グループ(JPX)、東日本高速道路、三井住友海上火災保険、ゆうちょ銀行

 ▽特別協力 全日本空輸、トヨタ自動車

 ▽後援 厚生労働省、国土交通省、財務省、全国市長会、全国知事会、全国町村会、総務省、地域経済活性化支援機構、中小企業基盤整備機構、都市再生機構(UR)、内閣府、農林水産省

シンポジウム

候補の50団体出そろう 第7回地域再生大賞

 地域づくりに取り組む団体を支援しようと、地方新聞社と共同通信社が設けた「第7回地域再生大賞」の第1次選考を通過した50団体が1日、出そろった。観光や産業の活性化、交流人口の拡大など、各団体の活動はさまざま。選考委員会の審査を経て、来年1月に大賞など各賞を発表する。

 第1次選考は地方新聞45紙と共同通信社が実施。地域の課題に挑むNPO法人や市民団体などを対象に、都道府県ごとに原則1団体ずつ推薦した。

 識者らでつくる選考委員会(委員長、岡本義行・法政大大学院教授)が選考にあたる。大賞1団体(副賞100万円)、準大賞2団体(同30万円)のほか、ブロック賞(同10万円)や特別賞(同10万円)などを決定。表彰式・シンポジウムは来年2月に東京都内で行う。

 地域再生大賞は2010年度に設けた。これまでの大賞は「グラウンドワーク三島」(静岡)、「ブルーリバー」(広島)、「島の風」(沖縄)、「はやめ南人情ネットワーク」(福岡)、「てごねっと石見」(島根)、「かさおか島づくり海社」(岡山)。


◎協賛・後援団体一覧

 「第7回地域再生大賞」は、次の企業や省庁、団体が協賛、後援しています。

 ▽協賛 住友化学、中日本高速道路、西日本高速道路、日本政策金融公庫、日本たばこ産業(JT)、日本取引所グループ(JPX)、東日本高速道路、三井住友海上火災保険、ゆうちょ銀行

 ▽特別協力 全日本空輸、トヨタ自動車

 ▽後援 厚生労働省、国土交通省、財務省、全国市長会、全国知事会、全国町村会、総務省、地域経済活性化支援機構、中小企業基盤整備機構、都市再生機構(UR)、内閣府、農林水産省(五十音順)

バナーをご自由にお使いください。

第7回地域再生大賞決定!! [300x46]
第7回地域再生大賞決定!! [106x90]

表彰団体の活動報告