47NEWS > 地域ニュース > これがイチオシ!地域再生 > 地宝人ネットから

地宝人ネット

 地・宝・人(ち・ほう・じん)ネット 地方が抱える問題を話し合おうと、全国の地方新聞社と共同通信社が識者らとつくった。まちづくり団体の代表者や研究者、行政担当者らが参加。「地域再生大賞」の受賞団体からもメンバーを迎え、約100人で構成。名称を「地域再生列島ネット」から改めた。電子メールを中心に意見交換しており、形にとらわれないシンクタンクを目指す。

矢印バックナンバー

≪地域再生の鍵探る≫ 「人づくり」が最重要 柔軟な「物差し」も必要

 人口減少が本格化し地方を取り巻く環境は厳しい。全国の地方新聞社と共同通信社が識者とつくった「 地・宝・人 (ち・ほう・じん) ネット」は、最終回のテーマを「これが地域再生の鍵」とし、メンバーの活動や意見交換を基に探った。

×  ×  ×

 地域再生の鍵をめぐる「 地・宝・人 (ち・ほう・じん) ネット」の意見交換では、メンバーの多くが「人づくり」が最重要と指摘した。地域外の助言を率直に受け入れる「オープンさ」も大事との声も。活動を評価する「物差し」を柔軟にして、多様な価値観に応えられるようにすべきだとの声も上がった。

  都竹淳也 (つづく・じゅんや) ・岐阜県障がい児者医療推進室長は、人口減少が進む中での地域づくりを「総力戦」といい、地域のために立ち上がる人を育てることを促した。 畦地履正 (あぜち・りしょう) ・四万十ドラマ社長(高知)や 白戸洋 (しらと・ひろし) ・松本大教授(長野)も「人づくり」を重要だとし、知恵を出し合うことを求めた。

 外部との連携も課題に挙がり、 渡辺達朗 (わたなべ・たつろう) ・専修大教授は、共同の活動や移住者受け入れを成功させるには「オープンハートな雰囲気」が不可欠とした。 野沢藤司 (のざわ・とうじ) ・富士山河口湖音楽祭実行委員会事務局長(山梨)は、関係者との「ネットワークづくり」を提起した。

  原雅広 (はら・まさひろ) ・匠の町しもすわあきないプロジェクト専務理事(長野)は、経済効果だけで計れない取り組みもあると指摘。「物差し」を見直すことが、多様な価値観に沿った地域づくりを進めることに役立つと提案した。

 一方、 西沢弘之 (にしざわ・ひろゆき) ・三国湊魅力づくりPJ理事長(福井)は、共通の鍵はなく「独自手法を編み出すほかにない」といい、地域にあった手だてを探ることが大切だとした。

 ▽歌を古里の力に 音楽祭、島に活気

 音楽を古里の力に―。「 地・宝・人 (ち・ほう・じん) ネット」のメンバー、 池田卓 (いけだ・すぐる) さん(35)が、沖縄県西表島の竹富町 船浮 (ふなうき) 地区で音楽祭を開き、8年目を迎えた。シンガー・ソングライターとして那覇市を中心に活躍、30歳を過ぎて帰郷。キャリアを生かし当日は人気ミュージシャンも招き、住民をはるかに超える観客が集まる。活気を呼び、つながりを深める機会に育ってきた。

 ▽父から学びたい

20141226taketomimap.jpg西表島西部にある船浮地区は、近隣の集落と結ぶ道路がなく船が頼り。周辺に廃村となった集落が複数あるが、同地区には40人余りが暮らす。

 池田さんは高校進学で船浮を離れた。大学まで野球に打ち込んだ後、始めた音楽で、デビュー曲が沖縄県内のCMに採用された。CDのリリースを重ね、県内を中心にミュージシャンとして知られる存在となった。

 しかし、船浮に戻ることは決めていた。「鳥や魚の動き、イノシシの捕り方など父親は島で生きていく技術を持っている。習得に5年、10年かかる。元気なうちに学びたい」。池田さんは話す。父親の還暦に合わせ帰郷した。

 実行委員長を務める「船浮 音祭り (おとまつり) 」は、船浮を知ってもらい、住民にも楽しんでもらおうと始めた。地元の船浮小中学校に赴任した教師が地区になじむきっかけにもなればと、2回目から開催時期を4月下旬と決めた。

20141226taketomi.jpg
「船浮音祭り」の運営について話し合う池田卓さん(右端)ら青年会のメンバー=11月、沖縄県竹富町船浮地区

 当日は、住民たちが名物「イノシシ汁」を販売し、池田さんは持ち歌を披露する。人気ロックバンド、モンゴル800のメンバーなどゲストとのセッションも目玉で、小さな地区に700人を超える観客が集まる。

 ▽10回が当面の目標

 11月中旬、地区の公民館で青年会が開かれた。議題は来年の音祭り。メンバーの一人、船浮小中学校の 比嘉里奈 (ひが・りな) 教諭(35)は「祭りを通じて地域の人たちと話ができた」と笑顔で振り返り、準備に向けて知恵を絞る。

 池田さんは音楽活動を続けており、那覇市のほか東京や大阪でライブにも出掛ける。しかし、ベースは船浮。当面、音祭りを10回まで続けることが目標だ。「野球教室や絵画展も開き、一日中楽しめるようにしたい」と、夢を広げている。

わがまちのイチバン!

◎わがまちのイチバン!

 美しい風景や歴史ある建物、ほかにはない味―。それぞれのまちに「イチバン」がある。「 地・宝・人 (ち・ほう・じん) ネット」のメンバーに紹介してもらった。


芝生の上に設置されたコンテナの前でスタッフと話す伊豆哲也さん(右)=佐賀市
 コンテナを交流拠点に サークル活動など広がる 佐賀市の中心街。路地を歩いていると、開けた一角に出くわす。芝生に据え付けられた長方形の建物。広い窓から本を読んだりお茶を飲んだり、思い思いに過ごす人たちがのぞく。風変わりなのは、改装したコンテナを使っていることだ。

 まちなかに、にぎわいをと、佐賀市が始めた社会実験だ。「 地・宝・人 (ち・ほう・じん) ネット」のメンバー、 伊豆哲也 (いず・てつや) さん(61)が常務理事を務めるNPO法人「まちづくり機構ユマニテさが」が委託され、2011年から運営する。

 中心市街地の衰退で増える空き地は、各地共通の悩み。しかし、ビルの新築には大きな費用がかかる。改装コンテナなら、費用を抑えられ撤去も簡単。弱点の暑さや寒さはエアコンで調節した。

 第1号は6基のコンテナを連結して設置した。敷地には芝生を植え、コンテナの周囲には木製デッキも配し、柔らかな雰囲気を演出。内部にはさまざまな本を用意して憩いの場を目指した。実験期間中の来場者は約1万5千人を集めた。

20141226sagamap.jpg上々の人気に12年6月からは第1号に代わり、別の場所で第2号がオープン。一般の建物と同様に建築確認を取り基礎工事も行った本格派。読書や交流スペース、展示会への貸し出し、トイレと、用途別に四つのコンテナを設けた。来場者は13年度に約6万8千人と伸び、14年度も10月までに4万人近くが訪れ、8万人前後になる見通しだ。

 人気は交流スペース。園芸や体操などさまざまな住民のサークルで連日、にぎわう。「多くの人がまちに来るきっかけになってきた」と、伊豆さんは手応えを話す。コーラスサークルが近くの老人施設で演奏するなど、地域に新たな交流も生まれてきたという。

 夜になると窓から明かりが見えるのも魅力だ。「何をやっているのかと人が寄ってくる。ビルでは近づきにくい」。伊豆さんは説明する。ユニークな試みは、まちに新たな魅力を生みつつある。