47NEWS > 地域ニュース > これがイチオシ!地域再生

これがイチオシ!地域再生

「これがイチオシ!2―地域再生」 第9部「工夫は無限」

 どの地にも魅力を秘めた資源がある。全国の地方新聞社と共同通信社の合同企画「これがイチオシ!2―地域再生」第9部は、さまざまな工夫で地域資源を磨き、アピールする試みを報告する。 **********  全国の地方新聞社と共同通信社による合同企画「これがイチオシ!2―地域再生」は、今回で終了します。長い間ご愛読いただき、ありがとうございました。

いにしえの街道、再評価 ウオーキングなど活用
参加社

【01】

いにしえの街道、再評価
ウオーキングなど活用

 日本の原風景が残る奥会津地方。人の手が十分に行き届かない山林の中を分け入るように一本の古道が通る。かつて福島県会津若松市から同県只見町までを最短距離でつないだ「銀山街道」。再び光を当て、地域活性化につなげようと模索する地元の動きが熱を帯びている。 福島県三島町のNPO法人「わくわく奥会津.COM」理事長の 五十嵐政人 (いがらし・まさと) さん(61)は銀山街道を先人が残した資源だと捉える。「峠の麓を拠点に温泉や郷土食などを生かして人を呼び込みたい」と峠のウオーキングと組み合わせた事業の構想を練る。  銀山街道の総延長は約72キロ。道中には柳津町の銀山峠、三島町の石神峠、三島町から昭和村・・・[記事全文] 【福島民報社】

古代文字で観光客つなぐ 蔵、ラーメンに続く柱に
参加社

【02】

古代文字で観光客つなぐ
蔵、ラーメンに続く柱に

「なんて読むのかな」「ぼく分かった!」―。福島県北西部、蔵とラーメンで知られる喜多方市の商店街。「古代文字」が刻まれた木製看板の前で子どもや観光客が立ち止まり会話を交わす。市民有志の「喜多方を漢字のまちにする会」= 上野昌宏 (うえの・まさひろ) 会長(37)=の活動から生まれた光景だ。 取り組みが始まったのは2009年。県喜多方建設事務所が呼び掛けた地域づくり懇談会の中で 篆刻 (てんこく) 家、 高橋政巳 (たかはし・まさみ) さん(67)=喜多方を漢字のまちにする会顧問=らから、漢字を生かしたまちづくりという一風変わったアイデアが飛び出した。  手始めに漢字の原形となった約3千年前の・・・[記事全文] 【福島民友新聞社】

"ガルパン旋風"が席巻 アニメ、被災の町に活気
参加社

【03】

"ガルパン旋風"が席巻
アニメ、被災の町に活気

 東日本大震災で甚大な津波被害を受けた茨城県 大洗町 (おおあらいまち) 。この小さな港町を舞台にしたアニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)の人気に火が付き、商店街に"ガルパン旋風"が巻き起こっている。 「関東近辺のファンは毎週、店に来るよ」。精肉店「 鳥孝 (とりこう) 商店」の 稲石豊 (いないし・ゆたか) 社長(51)は笑う。店頭にはガルパンのキャラクターと稲石社長の等身大パネルが仲良く飾られていた。  ガルパンは、「戦車道」という架空の武道に挑む女子高校生の物語で、大洗町の商店街や観光名所を再現した町並みを戦車が爆走するアニメだ。  商店街にはキャラクターパネル54枚が置かれ・・・[記事全文] 【茨城新聞社】

まちの値打ち発掘しよう デザイナー、コシノジュンコさんに聞く
共同通信

【04】

まちの値打ち発掘しよう デザイナー、コシノジュンコさんに聞く

 生まれ育った大阪府岸和田市は歴史ある城下町で、だんじり祭りで知られている。自分も太鼓や笛の音を聞くと、いてもたってもいられなくなる性分だ。まちを離れ、どれだけ値打ちがあるものかよく分かった。国内に祭りが多く残っていることは世界に誇れる。地域の団結力やチームワークを発揮している証しだ。  だが、地・・・[記事全文] 【共同通信社】

地・宝・人ネットから

【まとめ/外・宝・人】≪地域再生の鍵探る≫ 「人づくり」が最重要 柔軟な「物差し」も必要

【意見・提言】 意見・提言の要旨   >> ひとりひとりの意見はこちら