47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  千葉 >  「ノーベル賞は少し先でも」 村上春樹さんにゆかり 市川・喫茶店オーナー下田さん 

 5日に発表されたノーベル文学賞で、作家の村上春樹さん(68)の受賞はならなかった。約30年前、村上さんと親交のあった市川市の喫茶店「cafe蛍明舎(けいめいしゃ)」八幡店のオーナー、下田荘一郎さん(62)は「ノーベル文学賞ばかりに執着することなく、今まで通り大作家の道を歩んでほしい」と期待した。  下田さんは1982年、習志野市の京成谷津駅南口にある商店街に蛍明舎(現在の谷津店)をオープン。熟成豆を布でドリップする本格的なコーヒーを味わえる店は珍しく、当時、船橋市習志野台に住んでいた村上…     [記事全文]

2017/10/07 08:00 【東京新聞】