47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  千葉 >  米袋の下敷きで死亡 かとり農協

 26日午後9時20分ごろ、香取市小見のかとり農協の倉庫で同市川上、農協職員、菅井由美さん(55)が米袋を積み直す作業中に崩れてきた米袋の下敷きになった。菅井さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。 香取署と同農協によると、米袋は一つ約1トンで、傾いた部分をフォークリフトで積み直そうとしていた。危険に気付いた菅井さんはフォークリフトを降りて逃げたが間に合わなかった。倉庫では他に2人の男性職員が一緒に作業していたが無事だったという。男性職員が119番通報した。袋内の米は全て本年度産の新米…     [記事全文]

2017/08/28 05:00 【千葉日報】