47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  青森 >  県内高校広報紙「悩みは企画」 

 発行回数は年2〜3回で、イベントや活動報告は担当役員や生徒らに原稿を依頼。運動会や文化祭など学校行事の写真を紙面に多く載せ、校長やPTA会長の寄稿などを張り付けている…。東奥日報社は県高等学校PTA連合会(相川順子会長)の加盟校に、広報紙づくりについてのアンケートを行った。各校とも定番の企画で紙面を作りつつ、独自の企画づくりに頭を悩ませている平均像が浮かび上がった。 県高P連は3日に青森市で加盟校の広報委員らを対象にした研修会を初めて開催。アンケートは、PTA活動の現場で、どのように広報…     [記事全文]

2013/09/05 14:04 【東奥日報】 

 最新ニュース
記事一覧