47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  秋田 >  横手市で強風被害相次ぐ 県内4市町、落雷などで停電も

 秋田県内は20日午後、上空に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で大気の状態が不安定となり、県南部を中心に雷を伴った強い風雨に見舞われた。横手市では突風とみられる強風が発生し、アパートや住宅の屋根が飛ばされたり、木が倒れたりする被害が相次いだ。秋田地方気象台は21日、強風の原因を特定するため現地調査を行う。横手、大仙、大館、三種の4市町では落雷などで計5659戸が一時停電した。 横手市消防本部によると、午後3時半ごろから午後5時ごろにかけて、倒木や屋根が飛ばされるなどの被害に関する通報が約2…     [記事全文]

2017/09/20 22:20 【秋田魁新報】