47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  愛知 >  偽アマゾン詐欺が急増60歳以上被害の3割超

 次々と手口を変える悪質商法。県内で、ネット通販大手「アマゾン」をかたる架空請求が急増している。ターゲットになりやすい高齢者を被害から守ろうと、県は新たに「高齢者消費者被害見守りネットワーク」の結成を市町村に呼びかけている。  「有料動画サイトの未納料金が発生しております。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行いたします」  「アマゾン」や「アマゾンサポートセンター」を名乗る業者から携帯電話にこうした文面のメールが突然、届いたらご用心。文末の番号に電話すると、平均三十万円の「動画視聴料金…     [記事全文]

2017/11/10 08:00 【中日新聞】 

 最新ニュース