47NEWS >  地域ニュース >  地域経済
地域経済
地域経済ニュース

室内に甘い香りを漂わせ、一つ一つ手作業で容器に流し込まれる水ようかん=福井市の久保田製菓で

 福井の冬の風物詩、水ようかんの生産が本格化している。福井市南四ツ居二の久保田製菓では九日、久保田晃仁社長(32)ら七人が水ようかんを容器に流し込む作業に精を出していた。  同製菓の水ようかんは、沖縄県産の黒糖を使い、甘みを抑えてあっさりとした味わいに仕上げるのが特徴。  一九五一(昭和二十六)年の創業当時から変わらず、手作業にこだわっている。  釜で沸騰させた水ようかんを、手作業でかきまぜながら四五度まで冷まし、容器に一つ一つ丁寧に流し込んでいった。  例年、二十八日から三十日にかけてピークを迎え、一日約四千個を生産するという。  久保田社長は「年末年始の帰省で集まった家族で、水よ…     [記事全文]

2016/12/10 12:04  【中日新聞】

地域経済の写真



地域経済の記事


全国の商店街関連ニュース
新商品・新技術

最新の新商品・新技術

おとそにワインいかが 10日発売

12/08【中国新聞】

 三次市東酒屋町の広島三次ワイナリーは10日、三次産ピオーネを使った甘口のロゼワイン「迎春三次ピオー…

[続きはこちら]

李梅ババロア商品化 浜松特産「幻の梅」1

12/08【静岡新聞】

 浜松商工会議所やJAとぴあ浜松などでつくる「浜松産の食材でヒット商品を作ろう」プロジェクト委員会は…

[続きはこちら]


ニュース特集