柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第9回 帝京大学教授・筒井清忠氏

筒井清忠氏=奈良市

▲筒井清忠氏=奈良市

筒井 清忠氏(つつい・きよただ)48年大分県生まれ。京大卒。京大教授などを経て05年から現職。歴史社会学。著書に10月刊行の「昭和戦前期の政党政治」など。

成熟

―橋下徹大阪市長率いる日本維新の会は。

 「既成二大政党への批判から出てきた。その意味で『昭和維新』に似たところがある。それで警戒もされるわけで、もちろん批判的視点は必要だが、ネガティブにとらえるばかりというのはどうかと思う。彼らは、テロやクーデターなど非合法手段を使った『昭和維新』運動とは手段的に全く違う。選挙、議会制民主主義でやっていくというのだから、既存の政党システムの中にうまく組み入れるようにしていくことを考えたほうがいい」

―橋下氏は規律と統制を求める。橋下氏の指示だけに従う集団が生まれる可能性もある。

 「党首の強力なリーダーシップは英国型の政党のあり方でもあるから、全体主義政党との違いは慎重に 腑 (ふ)分けして見ていかねばならない。そういう危険性があるというならば、なおさら維新の会を含めた政党政治がうまく展開し議会政治が成熟することを考えるべきだ」

―では、議会政治を成熟させるには。

 「2点取り上げておきたい。第一は、政治をとりまくマスメディアの改革が急務だということだ。マスメディア特にテレビに登場する知識人の質を高めることを真剣に考えていかないといけない。外国の友人が日本のテレビを見ていて驚くのは、元スポーツ選手が政治や経済まで語るようなニュースショーのやり方だ。テレビ局は問題に応じてどれだけ優れた専門家を見つけて来られるかということを競争すべきだ。ここが変わらなければ、いつまでたっても日本の政治がよくなるわけがない」

民主、自民両党に対する国民の不満が高まる現状について挫折した戦前の二大政党に詳しい筒井清忠氏に聞いた。

―現在の混迷する政治をどう見るか。

 「歴史的に見て、今、起きていることは普通選挙になったときに始まっている」

―普通選挙が要因と。

 「男子だけだが、25歳以上なら基本的に誰でも投票できるようになって政治が一挙に大衆化した。ヴィジュアルな要素、写真などを駆使して反対党を攻撃する『劇場型政治』が新聞を中心に開始された。『怪文書』が出だしたのもこのころだ」

 「それに選挙にものすごくお金がかかるようになり、政治資金スキャンダルが頻発した。相手のイメージを悪くするためのスキャンダルの暴き合いも猛烈になった。こうした『 大衆デモクラシー 』 の延長線上に現状がある」

―今は第三極に支持が集まっている。

 「昭和初期の政友会と民政党の二大政党の時代、新聞は既成政党を腐敗堕落していて何も決められないとして激しく批判した。そして吉野作造らメディア知識人は新しい勢力、要するに第三極に期待した。最初に期待した無産政党にはすぐに幻滅、その後は『昭和維新』を叫ぶ青年将校が登場し、五・一五事件後は特に人気を得た」

 「『維新』という言葉のシンボルとしての大衆動員力は強い。唱える人は坂本竜馬みたいな気持ちになってくるし、見ている人もそのように感じる。しかし非合法手段に訴えた昭和維新運動は結局長続きせず、その後は『近衛新体制』に期待が集まり、政党は自ら解党して大政翼賛会を作る。第三極を求め続けていったら結局無極化した。そういうことにならない方策を考え るべきだ」

普通選挙で大衆化  第三極が漁夫の利 政治観の熟成を

「歴史に学ぶべきだ」と語る筒井清忠氏=奈良市内の喫茶店

▲「歴史に学ぶべきだ」と語る筒井清忠氏=奈良市内の喫茶店

称揚

―耳が痛い。もう一つは。

 「第二はマスメディア全体の報道姿勢だ。昭和初期もそうだったが、政治家を批判する報道ばかりするので、全体として政党政治、議会制民主主義自体への不信が高まることになる。政治家を育成するような方向で報道しなければよい政治家が出てくるわけがない」

―政治家、政党に批判すべき点が多いのも事実だ。

「駄目な政治家は厳しく批判し、よい政治家は積極的に称揚すべきだ。政党はその政策

の実現のために他の政党と競争・闘争し合従連衡をするもの。そのためにさまざまな手段が使われるのは当たり前のことなのに、日本ではすべてを『党利党略』として忌避する傾向が強い。これでは外国指導者に 伍 (ご)する政略を持った政治家は出てこない。マスメディアとともにこの私たちの政治観も変えていかなければならない」

―政治観をどう変えるのか。

 「中学、高校で、国会議員の日常生活を知ったり、ディベートをしたり、犬養毅、尾崎行雄など議会政治の発達に生涯をささげた人の伝記映画を見たりするなどして政治観を熟成させる教育に取り組むべきだ」

戦前の教訓生かせず  大きいメディアの役割

 何かことあるたびに現れる「戦前と同じ道を歩んでいる」という議論には首をかしげることが多かった。

 しかし、鋭く対立して「決められない政治」「動かない政治」に陥っている民主、自民両党をマスメディアが激しく批判、第三極に対する有権者の期待が高まる現状を見ていると、戦前の政友会と民政党がたどった歴史を思い出さずにはいられない。

 実は、政権交代可能な二大政党制を目指して衆院選に小選挙区制度を導入する際「政友会、民政党と同じ末路をたどる」という指摘はあった。ただ、政治のプレーヤーだった戦前の軍部に相当する存在がないことなどを理由に、教訓はくみ取られなかった。

 筒井氏は、二大政党の対立について「劇場型」選挙を生む普通選挙のマイナス面ととらえ、現状は「大衆デモクラシーの延長線上」にあるとする。さらに政治家と政党の行動に強い影響を与えるマスメディアの批判一辺倒の姿勢と、有権者の熟成していない政治観が拍車をかけているとする。

 政治の再生に向けて筒井氏は、マスメディアの意識改革、有権者の政治観の熟成の必要性を説く。有権者の政治観の成熟には、教育だけでなくマスメディアが果たす役割が大きい。歴史をふり返った結果、自分自身のあり方を問い直すことになった。(共同通信編集委員 柿崎明二、2012年09月20日公開)

戦前の二大政党時代
Face book