柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第4回 元外務省主任分析官・佐藤優氏

佐藤優氏=東京都新宿区の事務所

▲佐藤優氏=東京都新宿区の事務所

佐藤 優氏(さとう・まさる)60年東京都生まれ。同志社大大学院神学研究科修了後、外務省入省。著書に「国家の罠」。

軽蔑し合い

―エリートは嫌われる傾向にあるが。

 「国民が、エリート予備軍の優秀な若者をサポートする。エリートとなった若者は自分を送り出してくれた社会に能力を還元する。理屈抜きの、こういう文化が根付くかどうか」

―具体的には。

 「世間で言われるほど、今の政治家の質が低いわけではない。民主党にも短期間ながらも外相として実績を残した前原誠司政調会長のように成長が早い政治家がいる。官僚の質自体も国際標準から見ればそんなに劣っていない」

 「とすれば、(それぞれの関係の)ミスマッチが原因ではないか。日本では学者、有識者も含めた、三つのエリートは基本的にお互い軽蔑し合っている。諸外国ではこの三つのエリートが相互乗り入れして、国力を増大している。マッチングがうまくいけば、官僚も走っていくことができる」

―雇用や社会保障で世代間対立も生じている。

 「エリートを別の切り口で見てみる。1番目は『旧体制のエリート』。政官業と言われた冷戦の残滓を引き継ぐ人たちで、新しい時代に適応する能力も意欲もない。2番目は『偶然のエリート』。小泉チルドレンなど過渡期の中で、突然高い権力を握った人々。メディアに出ている若手官僚などもそう。3番目が『未来のエリート』。将来、日本を背負っていくことが期待されている大学生から30歳代前半ぐらいまでの政治家、官僚の予備軍。第一、第二のエリートが既得権益を守るために第三のエリートをつぶしている面がある」

政治家と官僚の在り方について元外務省主任分析官の佐藤優氏に語ってもらった。

―政治の現状をどう見るか。

 「逆説的だが、そんなに悪くないと思っている。冷戦終結後に外交も内政も方向を転換しなければいけなかったが、10年以上、遅れた。それは基礎体力の貯金があったからだ。その貯金を切り崩しているのが現状。このままでは大変なことになる」

―そんな中、政治は混迷している。

 「今、エリートへの強い不信がある。致し方のない面があるが、ここは民主主義の大原則である代議制、間接民主主義に立ち返ってみる必要がある。選挙によって政治的エリートである政治家を選び、それが、資格試験で選ばれた官僚というもう一つのエリートを統制しながら国家運営していく。国民は、選挙の時以外、経済や社

会、文化活動で欲望を追求し、そこで得られた利益から税を国家に支払ってエリートを養っていく。この構造を見据え、エリートの強化をしなければいけない」

―エリートを強化せよと。

 「そうだ。世界は再び帝国主義の時代に向かっている。金融資本が過剰になり国内だけではもうけを得られないので外に進出していっている。帝国主義のゲームは、まず相手国の立場を考えずに要求し、相手がひるんで国際社会も沈黙していたら、権益を拡大する。相手国が反発して、国際社会もやりすぎだと言ってきたら妥協して協調に転じる。このゲームができる人材をつくらないといけない。しかし、これだけに熱中するとその国はひんしゅくを買って結果的に損をする。普遍的な価値、思想も持ってないといけない。バランスがよくとれたエリートを育てていかないといけない」

政官ミスマッチが原因 エリートの強化を 大きな物語必要

「言われるほど、政治家の質が低いわけではない」と語る佐藤優氏=東京都新宿区の事務所

▲「言われるほど、政治家の質が低いわけではない」と語る佐藤優氏=東京都新宿区の事務所

少しの勇気

―なぜ、ミスマッチが起きる。

 「官僚の世界で言えば、病巣は分かっている。組織の硬直化だ。それをどう変えるかだが、一人一人が少しずつ勇気を持ち、殻を抜け出すことだ。この『少し』というのが重要。突出し過ぎると現実に影響を与えることができなくなる。(新党大地・真民主代表の)鈴木宗男先生が話していたが、『出過ぎたくいは打たれないが、抜かれてしまう』と。組織の臨界点を感じながら枠を広げていくことだ」

―それは、どうすれば可能か。

 「何のために仕事をしているのかという思想がしっかりしてないといけない。多くの人は、それが出世とカネになっている。私的な欲望や経済合理性と違うところで国家が成り立っているという大きな物語を共有することが必要だ。ただ、『生き残り』は物語としては良くない。何をしてもいいということになる。わが国は何のために存在し、世界でどういう役割を果たしていくかという理念が必要だ」

国家の本質見据えた分析 憂国の声どう聞く官僚

 佐藤優氏にインタビューしたのは佐藤氏が橋本龍太郎元首相らの下、新党大地・真民主の鈴木宗男代表とともに対ロ交渉を主導するなど外交の最深部で活動した経験を持つからだ。

 政治家、官僚ら「エリート」間の正しいマッチングが、佐藤氏の提示する、混迷する政治からの脱却策だ。日本だけではなく、領土問題を抱えるソ連、ロシアの政権中枢部にも食い込み、常に国家の本質を見据えてきた佐藤氏ならではの根源的な分析である。

 「政と官」の関係で言えば、「大臣―副大臣―政務官」の政務三役による政治主導を目指しながら混乱した民主党政権での試行錯誤が目立つ。

  しかし、本格的な行政改革が始まった1980年代から両者の緊張関係は始まっていた。旧大蔵省や外務省など主要官庁の不祥事の際、政権与党による「高級官僚たたき」も起きていた。ミスマッチの遠因は、官僚との正しい距離をとれなくなっていた政治家の側にあると言える。

 佐藤氏は、外務省関連の国際機関絡みの事件で起訴された自身の経験も踏まえ、官僚側の心構えとして「一人一人が少しずつ勇気を持ち、殻を抜け出すこと」と提唱する。国家と対立する経験を経ながらも国家を憂う佐藤氏の声を官僚はどう聞くのだろうか。(共同通信編集委員 柿崎明二、2012年04月17日公開)

国家公務員の新規採用数
Face book