柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第13回 衆院事務次長・向大野新治氏

向大野新治氏=東京・東新橋の共同通信社

▲向大野新治氏=東京・東新橋の共同通信社

向大野 新治氏(むこおおの・しんじ)56年東京都出身。東大卒。議事部長、委員部長を経て現職。著書に「政治の考え方」「衆議院 そのシステムとメカニズム」など。

統治の最善化

—議会の本質は統治者を選ぶことと指摘していたが、立法府でもあるのでは。

 「多くの人が、国会は政策の形で国家意思を決める決定機関だと思っている。モンテスキューの権力分立論だ。立法府が政策という形で国家意思を決め、行政府がそれを執行するという認識ゆえにともかく決めないといけないと思ってしまっている」

—国家意思を決めるのは統治者と。

「あくまでも統治者だ。歴史的に見ると、それをより民意に近づける、最善化するために議会は立法権を成長させてきた。そして最終的に統治者自身を選ぶ、つまり政権を争うことで統治の最善化を達成することができるのだと思う」

—となると現在の国会は議会の本質に近いのか。

 「ある意味、日本の国会は進化し過ぎているのかもしれない」

—国会の本質は統治者の選出だ、と認識したら何か変わるのか。

 「統治者を選ぶことがいかに重要かということを再認識できる。難しい時代、リーダーが最も大事だ。誰でもいいから立候補させるということではなく、みんなで育てて、肝っ玉、したたかな戦略、豊富な経験、人脈を持っている人を選んで、支えていこうというところにいければ、今やっていることが意味を持ってくる。ただ、今、いいリーダーを選んでもかなわないことがある」

「立法権は国家意思決定権ではない」と独自の議会観を提起する衆院事務次長の向大野新治氏に国会の現状をどう見るべきか聞いた。

—近著「政治の考え方」で「政治の劣化」や「決められない政治」というとらえ方に否定的な見解を示しているが。

 「劣化とか、決められない、というのは軽薄な言葉だ。疑義を唱えたい。まず、これらの言葉には、以前の方が優れていたという含意があるが、55年体制下で、参院は『衆院のカーボンコピー』と言われていた。劣化と言う人々は、その時代の方が優れていたと言っているのだろうか」

 「次に国会で物事が決まらないというのは主に二院制の問題だということ。二院あったら、違う結論が出ることは当然。むしろ、そうでなければ意味がない。また『政局絡み』が原因だとする見方があるが、世界中で、政局に絡まない国会があるのか。議院内閣制下の国会の本質は統治者を選ぶこと。当然、政権をめぐる闘争が展開されることになる」

—最終的には決めないといけないのでは。

 「マスコミにも言いたい。国会の8、9割の審議は粛々と進んでいる。時に、大きな案件で、内閣を倒すとか倒さないという動きになるが、常日ごろのことはまったくフォローしないで、その時だけ繰り返し報道する。政治の劣化や決められない政治は商業化された政治だ」

—とはいえ、現状は『とても良好な状態』とはとても言えない。

 「今は、物事を決めにくい極めて難しい時代だ。決められていた時代と決定的に違うのはお金の有無。経済が成長していた55年体制下では解決力の背景にお金があった。お金がなくなったら物事の解決は難しくなる」

統治者選出が国会の本質 育て、支える姿勢も必要  「決定機関」は思い込み

「国会は進化し過ぎているのかもしれない」と語る向大野新治氏=東京・東新橋の共同通信社

▲「国会は進化し過ぎているのかもしれない」と語る向大野新治氏=東京・東新橋の共同通信社

三つのシステム

—限界があると。

 「徳川幕府からの約400年間に、三つの国家経営システムがあった。江戸時代の『石高制』、明治維新から第2次世界大戦までの『軍事国家』、敗戦後の『規制経済と福祉国家』だ」

 「いずれも当初は、発展するが、一定の段階を迎えると、それまでの長所が短所になり、下り坂に入る。必ず改革者が出てくるが、改善はできなかった。すごい統治者が出てきて解決するという話ではなくなる」

—となると何をやっても坂の底に激突する…。

 「そう。努力してもしなくても激突するだろう。統治者にはその衝撃を最小化して欲しい。ただ、人間がいなくなって国がなくなるわけではないので、新しいものをつくっていかなければならない。努力すればその芽をつくることができる」

 「既得権益層に対する考え方も大事。公務員がそう見られているが、すでに国民の大半が既得権益層。統治者だけが改革するのではなく、既得権益層が自ら犠牲を払う覚悟を持たないと次の時代は開けてこない」

次の時代へ犠牲覚悟を 不安感転換の鍵にも

 この連載のタイトルを否定するように「政治の劣化という言葉は軽薄だ」と述べる向大野氏をインタビューの相手に選んだのは、その主張が極めて独自だからだ。

 主張の一つ目は、「国家の意思決定権者は統治者たる首相で、国会の本質は、立法による統治の最善化であり、究極は統治者の選出とそのための闘争だ」という点。これは、モンテスキューの権力分立論や、憲法41条に基づく「国会は、最高の意思決定機関」という認識を修正するものだ。

 次は「国家の経営システムがピークを過ぎて、下り坂に入ると優れた統治者が出てきてもその崩壊を食い止めることはできない」というものだ。

 これを単純に当てはめれば、日本政治の現状は「理にかなった」状態にあり、日本の衰退も歴史の必然ということになる。「身もふたもない話」なのだが、主眼はそこにはないだろう。

 崩壊と破綻の衝撃を最小化するためにこそ統治者を真剣に育て、選び、支えることが重要であり、新たな国家の経営システムを構築するためには、統治者のみならず、国民の大半を占めている既得権益層の自己犠牲の覚悟をはじめさまざまな努力が必要だとしている。

 「努力してもしなくても激突する」という国民もうすうす感じている不安を前向きに転換できる鍵なのかもしれない。(共同通信編集委員 柿崎明二、2013年1月18日配信)

日本の三権分立
Face book