柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第11回 熊本県知事・蒲島郁夫氏

蒲島郁夫氏=熊本県庁知事室

▲蒲島郁夫氏=熊本県庁知事室

蒲島 郁夫氏(かばしま・いくお)47年熊本県生まれ。ハーバード大学大学院修了。東大法学部教授。著書に「戦後政治の軌跡」(岩波書店)など。

中途半端

―移行期だとすれば、今後、何が必要か。

 「野党も賛成する合意争点を発掘し、提示することだ。理想と現実のバランスが大事。現実が厳しいから理想を実現できないということではない。現実の中に理想達成の道筋がある。東日本大震災で言えば、復旧、復興という視点だけでなく、発展のチャンスととらえて対応すべきだった」

―経済成長が望めない中での政治は。

 「不況時のリーダーシップは三つ。一つ目は価値観の転換。お金ではなく、誇りやプライド。あるいは安全や安心、そして夢。そういった幸せを国民が実感できるよう政治から発想を変えること。次は、これまでの難問を処理しておくこと。チャンスが来たときに、すぐチャンレジできるよう身軽になっていなければならない。知事に就任した時、財政再建が大きな課題だった。まず自分の給料を100万円カットした。これで、事態の深刻さを理解させるとともに、政治的信頼を得ることに成功し、借金を4年間で1000億円返すことができた。最後は、暗いトンネルの先に何があるかを夢、希望として示すこと。民主党はいずれも中途半端だった」

政治学者出身の蒲島郁夫熊本県知事に理論、実践両面から語ってもらった。

―現状は混乱か。

 「まず、この企画のタイトルについて。国政は劣化しているかもしれないが、地方政治、少なくとも熊本県政は劣化していない。その上でどう見るかだが、『過渡期に伴う混乱』だと思う。与党経験がないまま政権をとった政党には、比較政治学的に共通点がある。まず過大な約束をしてしまい、それを果たせない。期待が失望に変わる」

 「また、前政権と違った方法論をとろうとする。民主党の場合、官僚を遠ざけた。経験がない分、利用しなければいけなかったのに。

その結果、マニフェスト(政権公約)が達成できず、混乱に陥ったのではないか」

―混乱は政権交代前から続いていた。

 「自民党システムは『調和』モデル。地方の支持が強いのが特徴で、安定性、一貫性が確保されていた。経済成長の果実を惜しげもなく地方に分配して、世界に類を見ない平等な国をつくった。しかし、経済成長が鈍り、バブルも崩壊し、調和モデルが機能しなくなった。都市部に支持基盤を移して、新たなモデルを模索したのが小泉政権だったが、一時的なものにすぎなかった」

必要な決断と段取り 「合意争点」提示を  期限設け課題処理

「ここぞという時に地獄を見てもやる胆力が求められる」と語る蒲島郁夫氏=熊本県庁知事室

▲「ここぞという時に地獄を見てもやる胆力が求められる」と語る蒲島郁夫氏=熊本県庁知事室

首相公選

―リーダーシップの難易度が高い。

 「地方から見ていると、そもそもリーダーの安定性が確保されていない。地方自治体の首長は大統領制的で、再選すれば8年間は計画的に政策を進められる。首相公選制など制度的な措置が必要ではないか」

 「学者時代、大きなウエートは民意の研究にあった。しかし、知事になってみて、統治する側のありようも考えるようになった。民意に丸投げするようなことをしてはいけない。政治は可能性の芸術。自らが持つ資源を最大限使い、県民の幸福量の最大化に立ち向かう。その段取りと決断が必須だ」

―決断を求めすぎている気もするが。

 「決断とはいつもけんかすることではない。ここぞというときに地獄を見てもやる胆力が求められる。ソクラテスは、政治は習得が非常に困難で、訓練や勉強が必要、と指摘している。決断には訓練が不可欠だ」

―どう訓練するのか。

 「自民党の全盛期には、

派閥が首相候補に若いときから役職を与え、経験を積ませた。その当時、2世議員も多くはなかったはず。政治家以外のキャリアがある人も多く、訓練の場も多かった。政党も議員も訓練の必要性をかみしめるべきだ」

―民主党も自民党も、段取りが不得意になった感じがする。

 「課題を処理するには時間的緊迫性を持たなければならない。難題だった川辺川ダム問題について、私は就任直後、約半年後の議会で是非を表明すると明言し、スケジュールを明確にした。さらに議会、マスコミ、有権者などすべてのアクター参加の下、話を聞いていくという公開性を大事にして議論した。最後は精神的自由をもって『白紙撤回』を政治決断した」

―次の政権に助言を。

 「まず、一つ実績をつくることが大事。それにより、信頼を得て安定性が確保できる。そうすれば、次に進む 橋頭堡 (きょうとうほ) となる。混乱を乗り越えて、新しい形のデモクラシーを確立してほしい」う公開性を大事にして議論した。最後は精神的自由をもって『白紙撤回』を政治決断した」

政党は統治の訓練を 不出来で民意喪失

 学者時代、政治参加など民意のあり方を研究の中心に据えていた 蒲島氏 だが、知事就任後、統治のありようを考えるようになったという。

 一方、 蒲島氏 は(1)過大な約束を履行できずに失望を招く(2)前政権と違った方法論をとろうとして混乱する—の2点を、初めて政権の座に就いた政党の共通点として挙げた。

 いずれも統治をめぐる問題だが、民意と密接な関係を持つ。不出来であれば、政権獲得までは追い風役だった民意は逆風に変わってしまうからだ。

 そもそも、右肩上がりの経済成長が見込めない時代のリーダーシップは難しいという事情もある。それでも 蒲島氏 は価値観を転換した上で、

将来の夢を語り、政治を進めることは可能だとする。

 実際、 蒲島氏 は1期目で、川辺川ダムを片付け、財政再建にもメドを付けた。ただ、統治については「訓練」の必要性を説く。閣内統一、党内規律、政府与党の連携、危機管理…。すべての基本は人材育成であり、その役割はまず政党に求められるだろう。

 しかし、与野党問わず、この問題にどう取り組むか明確にしている政党はない。それが「統治機構の改革」を求める第三極の伸長を招いている要因でもある。一見、遠回りのように見える 蒲島氏 の指摘こそが、現状打開の鍵なのかもしれない。(共同通信編集委員 柿崎明二、2012年11月16日公開)

川辺川ダム問題の経過
Face book