柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第10回 反貧困ネットワーク事務局長・湯浅誠氏

湯浅誠氏=大阪市北区南森町の事務所

▲湯浅誠氏=大阪市北区南森町の事務所

湯浅 誠氏(ゆあさ・まこと)69年、東京都生まれ。元内閣府参与。近著に「ヒーローを待っていても世界は変わらない」。

青い鳥

―今の政治で肯定できる部分もあると思うが。

 「いろいろある。例えば14年連続で3万人を超えていた自殺者は今年、このままいけば3万人を切る。何も変わらなかったという人は、漠然と大きな変化を求めている。いない青い鳥を探すような心理を中和させていかなければならない」

―政治家、政党はどうすれば活性化するか。

 「地元に補助金を誘導する人に投票していたら、国会はそれにしか関心のない人で占められるのは当たり前。政治家、政党を選ぶのは有権者、主権者だから。地縁、血縁、社縁などのつながりがないところにつながりをつくっていく創造的作業がもっと評価される必要がある。主権者としての責任を引き受け直せる世の中にしたい」

―生活が厳しい人にそれを求めるのは難しい。矛盾があるのでは。

 「矛盾を誰が引き受けるかがまさに問題だ。私は社会運動家だから、そこで引き受けられることは引き受けていきたい。例えば、保育や手話通訳の確保によるバリアフリー化で参加保障をするなど。それは手間と暇とお金がかかることだから力を合わせてやっていくしかない。誰かがやればいいと言っていると結局、しんどい本人にしわ寄せが来ることになる」

民主主義とどう向き合うべきか貧困問題に取り組む湯浅誠氏に尋ねた。

―近著でヒーロー待望論を戒めている。

 「『ワンピース』など強い敵を倒していくアニメが人気だ。特徴は果てしなく敵が現れること。戦い続けないと観客がもたないから。小泉純一郎元首相あたりから政治も同じようになった」

 「そこに大阪の橋下徹市長が登場した。野田佳彦劇場より橋下劇場の方が面白い。じり貧の世界をガラッと変えてもほしい。しかし、ここで『有権者は観客か?』という問題が出てくる。観客はやめられるが、有権者、主権者はやめられない。みんな自分の意見を正しいと思っていて、それを調整して合意形成するのは面倒。民主主義は疲れるシステムだ」

―橋下氏は統治システムを変える、と。

 「自民、そして民主にも幻滅、既成政党、システムを信用できなくなった。今年、『決める政治、決められない政治』

の二項対立が瞬時に広まった。『決められない』の象徴が、政党や議会だ」

―制度の弾力運用で改善できる部分も多い。

 「それは玄人の意見と言われる(笑い)。政党政治、議会政治を超えるシステムがある、と思っているのだから。しかし、それは人類史的挑戦だ。不信感から覆していいものではない」

―そして格差、貧困が不信を加速させている。

 「そう。右肩上がりの時は、どこに上乗せするかだが、今はどこを切るか。オレじゃなくあっちを切ってくれというぎすぎすした感じになっている。事態が深刻だからスピーディーにやってくれという欲求も強い。最近は、自分も切られるなら、誰かを道連れにしてやれ、みたいな気持ちもあるのかなあとも感じる」

システム自体に不信  格差、貧困で加速 創意工夫と調整を

「観客はやめられるが、有権者、主権者はやめられない」と語る湯浅誠氏=大阪市北区南森町の事務所

▲「観客はやめられるが、有権者、主権者はやめられない」と語る湯浅誠氏=大阪市北区南森町の事務所

社会構想

―政治が描く社会像も重要だが。

 「今、社会構想には三つある。一つ目は、橋下さんなどに見られる競争促進的な新自由主義路線。二つ目が、社会保障、税制改革でしのごうという現状維持路線。三つ目が、地域の町づくり活動などに見られる右肩下がりを受け入れた上での創意工夫路線。今、現状維持の評判が悪いので、ベクトルが正反対の新自由主義と創意工夫が手を組んでいたりする」

 「しかし、状況が厳しいところは新自由主義が機能する余地がない。現状維持と創意工夫が手を組むしかない。『新しい公共』がそうだ。例えば消防団とNPOの連携とか。創意工夫も世の中の大きな動き

の一つだという意識が大事だ」

―世代でも強弱があるのでは。

 「創意工夫路線は20、30歳代に強い。合意形成に向けた対話、調整についても同じことが言える。私より下の世代は『生きていく上で必要なもの』。人間関係がデリケートになっているから『相手のことを受け入れた上でどうするかが勝負だね』という感じ。脱イデオロギーとしての対話、調整次元の再評価だ」

 「この世代が社会の中心になれば『創意工夫や対話、調整がイノベーションの源』とすっと入っていくようになるのではないか。そうすれば面倒な民主主義も受け入れられていくかもしれない。毎年、首相を代えていた時代もあったねえと言えるようになればいい」

空洞化に強い危機感  主権者にも戒め

 民主主義は面倒で疲れるシステムだ―。湯浅氏が、あえてこう強調するのは、人々の余裕が失われる中、面倒で疲れるシステムに対する嫌悪、拒否が強まり、民主主義が空洞化してしまうという危機感がある。

 一方、現状に対応できない政治家、政党を選んでいるのは利益誘導を判断基準にしている有権者だとも指摘、われわれ有権者の姿勢も戒めている。「主権者としての責任を引き受け直す」という言葉は重い。

 湯浅氏の民主主義観に通底するのは、その「もろさ」だろう。運用していくのが面倒で疲れる上に、選ばれる政治家、政党の質は主権者次第。このため、代わりうるものがないはずにもかかわらず、

過去、何度も新たなシステムが追求され、失敗が重ねられた。そして今また「青い鳥」を求める「人類史的な挑戦」を模索する動きがある。

 政治家、政党、そして民主主義を活性化させる具体策として湯浅氏は「つながりをつくっていく創造力」を挙げた。子育て、教育、介護、地域づくりという喫緊の課題に必要なのはまず、人のつながりであり、ニーズを行政、政治につないでいく地道な作業だ。

 冒頭の言葉は「地道な作業の積み重ねが民主主義を活性化させ、人々の生活を充実させる」ことを含意しているのだろう。(共同通信編集委員 柿崎明二、2012年10月19日公開)

貧困率の推移
Face book