柿崎明二 政治劣化考

進まない政策、動かない国会・・・。政治の劣化要因とその克服策を月一回、各地の有識者に語ってもらう。

柿崎明二氏

柿崎明二氏

柿崎明二(かきざき・めいじ)1961年秋田県生まれ。早大文学部卒。88年共同通信社入社。1993年から政治部で首相官邸、外務省、旧厚生省、民主党、自民党、社民党などを取材。2011年から編集委員。著書に「『次の首相』はこうして決まる」(講談社現代新書)、共著に「空白の宰相」(講談社)がある。

第1回解剖学者・養老

養老孟司氏=神奈川県・箱根の養老山荘

▲養老孟司氏=神奈川県・箱根の養老山荘

養老 孟司氏(ようろう・たけし)
37年神奈川県生まれ。東大医学部卒。専門は解剖学。著書に「バカの壁」など。

利益誘導

―これからの政治の機能は何か。

 「一番大事なのは人口減少と世界的なエネルギーの問題をどうするか。残りは小さな問題にすぎない。人口減少は、国力が減るということ。上手に通り抜けないといけない。異常事態がないよう大過なく、軟着陸する。移民を入れるか、入れないかもしっかり考えないといけない。エネルギーは、全ての政策の焦点をそこに合わせて考えてもいいぐらい。人口減少の中で、経済成長しようとするとエネルギーが必要。今だと石油依存になってしまう」

―機能、役割を明確化させる具体策はあるか。

 「一つの提案だが、参院は50年先の話をする、その手前の話をするのは駄目という風にすればいい。30年でもいいが。今から20年ぐらい前に小沢一郎さん(元民主党代表)にもこの話をしたことがある。その時、小沢さんは何と言ったか。『今の選挙制度があるうちは駄目です』の一言。当時は、小沢さんは選挙の専門家だからそういう見方をするのかと思ったが、今になって思うと、そこは(小沢さんが)間違っていたなと思う。というのは、先のことだけを考えるということになると利益誘導が一切成り立たなくなる。そうなれば議員の資格と資質がまったく違ったものになる。今と全然違った議員になる」
 「彼らに守秘義務をかけて国税庁並みの調査権を与えればいい。本来、参議院はそういう趣旨でできているはずだ。衆院と参院で、いつもその日暮らし、みたいなことをやっていたらどうもこうもならない。(利益誘導で言えば)小泉純一郎元首相の選挙区が独特だった。中選挙区時代は、三浦半島と川崎。とんでもない飛び地で、利益誘導はあり得ない。だから古い自民党をぶっ壊せた」

首相交代が年中行事化し、役割を果たせていない政治の現状について鋭い社会批評で知られる養老孟司氏に聞いた。

―常々、「政治は嫌い」と公言されているが。

 「私は、政治が苦手。口を出したくないし、出されたくもない。でも政治の世界は人間につきもので昔からある大変な仕事だ。政治も政治家も好きではないけれど、汚れ役をやってくださってありがとうという感謝の気持ちはいつもある。簡単に悪口はいえない」

―毎年、首相が代わっている。

 「政治の側からすれば、なりたい人が多くて、代わりがいくらでもいるから、代わるってことなのだろう(笑い)。例えば首相を公選で選ぶということだったら、こんなに代わっていないだろう。もう少し(首相選出のプロセスが)重

たくならないといけないのかもしれない」

―政治そのものの混迷要因は何だと考えるか。

 「政治が何をするものなのかが、はっきりしなくなってきたのではないか。首相の役割も、よりはっきりしなくなってきた。まつりごと、つまり儀礼的な部分は天皇、皇族が担っている。残っているのは、身体で言えば心臓とか肺などの機能部分。(現在までの機能の)中心は分配。みんな分配屋さんになってしまっている。しかし、そこにも確たる見通しがあるかとなるとかなり怪しい。東日本大震災以後の増税論議でも、増税論の一方、増税すると景気が悪くなるという意見もあり、結局、よく分からないというような…」

機能、役割が不明確に首相選出過程を重く参院は50年先議論を

「選挙がおまじないになった」と語る養老氏=神奈川県・箱根の養老山荘

▲「選挙がおまじないになった」と語る養老氏=神奈川県・箱根の養老山荘

おまじない

―利益誘導は有権者側が求める。有権者側に問題はあるか。

 「無党派層というか、その都度、その都度の気分で投票する人が増えた。(支持の)サイクルが短くなっている。選挙制度が形骸化しているのでは。紙に鉛筆で名前を書いて、箱に入れて世の中よくなるなんてことはない。お題目、おまじないみたいなものになった。犠牲が伴っていないからありがたみがない。実際はできないだろうが、税金を払った人に投票権

を与える方がまだ合理的だったかもしれない」

―政治家が有権者に翻弄されているようにも見える。政治家に必要なものは何か。

 「公職と仕事は別、と分かってもらわないと。世間にとって必要な仕事が公職。それは自分より先に存在している。だから、お預かりしてお返しするというのが筋。最近は、自分に能力があるから公職に就いているという風になってきた。だから辞め損なう人が増えた。我が出て来ているのではないか」

「ダメなら交代」転換を 政治嫌いの建設的提案

 政治再生の道を模索するインタビューの初回を、あえて「政治嫌い」の養老孟司氏にお願いした。混迷を見通すには冷めたまなざしが必要と考えたからだ。

 養老氏は、政権交代後も続く短命首相の要因に、選出過程が簡素すぎる点を挙げた。議院内閣制の下では首相候補となる大政党の党首選びということになる。自民党で「次」を狙う派閥領袖が、自らのため残した「代わりやすさ」を民主党も踏襲した過ちを突いている。

 政治の機能、役割を明確にしなければならないという指摘を合わせれば、首相との関わり方を「駄目なら代える」から「安易に代えず、役割を果たさせる」という方向への転換が示唆される。

 「代わりやすさ」をめぐっては民主党が

代表任期の延長に手を付けたが、緊急時の簡略な選び方が常態化している代表選や自民党総裁選の在り方の見直しが必要だ。

 「参院は30年、50年先の視点から政策論議を」という提案の制度化は容易ではない。しかし、野党が過半数を握る「ねじれ」が頻発することで「政局の府」と化してしまっている参院のあるべき姿を指し示している。

 「嫌い」とは言いながら、指摘、提案はいずれも建設的だ。かつて話を正面から受け止めなかったという小沢一郎元民主党代表をはじめとする政治家、そして有権者も耳を傾けるべき時だろう。(共同通信編集委員 柿崎明二、2012年01月13日公開)

2006年以降の首相交代
Face book