47newsへ戻る 特別連載

太田 昌克

太田 昌克・プロフィール

太田昌克(おおた・まさかつ)1968年富山県生まれ。早大政治経済学部卒業、政策研究大学院博士課程修了、博士(政策研究)。92年共同通信入社。広島支局、大阪社会部、高松支局、外信部、政治部、ワシントン特派員を経て2009年から編集委員。06年度ボーン・上田記念国際記者賞、09年平和・協同ジャーナリスト基金賞を受賞。近著に『日米「核密約」の全貌』(筑摩選書)。

INDEX

広島、長崎への原爆投下で本格的な幕を開けた原子力時代は、
福島第1原発事故を受け大きな転換点を迎えた。
核保有とは決別する一方、原子力の平和利用にまい進してきた被爆国。
原子力時代の裏面をえぐり、核と日本人の軌跡を追う。